もう忘れちまいそうな 中篇

えー、チェコってのはユネスコ世界遺産ってのが結構ありまして、町全部が遺産とか
わりとよくあるケースなんです。全部で12箇所。

ということで、いくつか見てまわりました。観光気分丸出しで。

・レドニツェ-ヴァルティツェの文化的景観
・クロムニェジーシュの庭園群と城
・オロモウツの聖三位一体柱

でも、ヨーロッパの建築物とか違いがよくわからん。
景色見ても「うーむ、綺麗ですなぁ」という感じでして。
猫に小判。

観光篇 オチマイ。

ある日のこと、幸運なことにチェコのある若者の誕生日パーティにお呼ばれしました。
それは、滞在していた家の娘さんの友達のパーチーだそうで、推測するに、
我が家に東洋人が来てるのよ、なんて言ったら興味もたれた予感。

で、物珍しさからか知らんが御招待。
娘さんは14歳のため酒が飲めず不参加。

18歳から25歳までの若者群7名参加の、なんていうか、酒乱誕生日。
覚えてる範囲で人間描写。

・ハナ 女 今回のパーチーの主人公 温和なイメージ ポッチャリ。
・ジョセフ&レンカ1 好感の持てる真面目カップル 男はメガネ。
・チェルト&レンカ2 パンクとヤクザタトゥーを愛する変わった男と赤髪のボクサー女
・パヴェル SEやってて英語堪能、顔もいいと非の打ち所がないのに25歳で親父ギャグ。
・エヴァ 空手少女な21歳。金髪で色白。

奴らは揃いも揃って大酒飲みである。
毎日平均的に飲みまくり。昼休みからビール飲みまくり。

というか、水よりビールの方が安いのですよ。
オイラでさえ、昼飯時にビール飲んでたくらいですし。もったいなくて。
500mlのジョッキで70~80円。水は150~200円とか。
仕事中の昼休みでもお構いなしです。

で、ちょっと面白いのが、気持ちよくなってくると踊ったりするんです。
その踊りというのも、タンゴやらポルカという、ダンス教室で教えちゃってるようなやつ。
あちらの若者は、ほとんどの男女皆がダンスを習うという慣わしがあるそうで。
パンクのチェルトもダンス!よくわかんない刺青と共に軽やかなステップ!
酔っ払って路上で社交ダンスとか、初めて見たYO!

でも、そう簡単には酔いません。
その日も、家で2時間飲んだ後、パブでさらに3時間。
5時間飲み続けた後、踊り開始ですから・・
軽く人間じゃない。

とまぁ、そんなこんなで夜も更け、友情も深まったのさ。
これ以後、町の案内とか飯を食いに行くとか、この中の2~3人とってのが
パターンになり、向こうの若者のリアルな生活スタイルみたいのが垣間見れたのでし。

そう、そして第二のパーチー。
どこぞの体育館を借り切って閉め切って、光と煙と音楽の大洪水みたいなの。
仮装して参加しなさいというお達しのもと、各自変梃りんな服装で集ったのです。

長くなりすぎたので、これは次の機会に。
[PR]
by chikara_mikado | 2005-11-15 20:32 | チェコのこと
<< 世界遺産の村 ヨーロッパの小国 前編 >>