パントマ

イムをする人のことを「まいみすと」と呼んだりするそうです。

チェコ大使館で催された芸術家フランチシェク・スカーラの展示会の
オープニング・パーティーでマイミストの彼と知り合うことになりました。

正確に言えば、すでに何度か顔を合わせたことはあっったのだけれど、
文字通り「知り合う」というのは、今日が初めて。

大使館てやつは、広尾のいいとこに鎮座してるわけなんですが、
そのマイミストは生まれも育ちも六本木っ子ってことで、
パーティーが終わった後、彼の行きつけのお店で飲むことに。

ポンギッコ(というのかどうかは不明)なだけあって、
看板もない店の名前すらないBarとか行っちゃう。

場所がわかんなくて店に電話かけたら、
「ハイ、バー、デス」とか言われた。

その名前への拘りのなさが、逆にステキ。

二件目、芋洗坂のマンションの一室。
どこへ連れてかれるのかと思ったら・・

役者の卵から慕われママさんがやってるスナック。
働いてる若者は全員役者志望。

スナックも初めてだが、小説とかテレビとかに出てきそうな状況に心躍る。
稽古して、スナックで働いて、稽古して。

今年は、日本・チェコの国交回復50周年だそうで、
2月13日がその記念日なのです。

その日、チェコから大統領が来日して3日くらい滞在するんだってさ。
分不相応だが、レセプション逝ってくる。
掃除大臣と害無大臣とか来たりして。

遠巻きに七三ポマードと漫画オタクを観察してくるニダ。


と、その節目の今年に、
そのマイミストがチェコで一発公演とか

「やっちゃう?」
「やっちゃうか。」
「やっちゃう?」
「おうおう。」

という話が飲んでる最中に繰り返し出たので、
実現に向けて頑張りたいと思う今日この頃です。

以上、チラシの裏日記でした。
[PR]
by chikara_mikado | 2007-01-30 18:58 | チェコのこと
<< おもいでをうり、おもかげをかう。 石で口を漱ぐ >>