身はたとえ、

異国の野辺に
朽ちぬとも
留め置かまし
大和魂

松陰先生、オラに力を。

お久しぶりです。
なんとかギリギリ朽ちてません。

が、

聞いてください。

まずは、9月4日、家から成田までの話。
成田エクスプレス買ってたんですよ。横浜から。
楽々すいすいガラガラで快適な旅立ちを演出するために。

うん。

乗り遅れた。

そら、あせったね。
次の電車いつ来るかわからんし、
意外と時間ギリギリの切符買ってたし。

このまま九十九里でも行って、刺身食べて、温泉入ろうかと、
本気でチラッと考えた。

ま、なんとか運良く、鈍行の成田空港行きが来たのでそれに乗った。
第一波乱はここまで。


次、成田空港にて。
KLMというオランダ航空のチケットを予約してたんですよ。
で、KLMカウンターに行ったら、意外と混んでる。

「やれやれ、遅れたしなぁ、しょうがねぇ」

なんつって、最後尾を探すが、行けども行けども人の列。
え?え?
どうやら、飛行機が遅れて成田に着いてないらしい。
整備不良?視界不良?しらんよ。
ということで、その便に乗る乗客が全員空港のロビーに並んでいる。
その長さは夕に200メートルを超える。異様。

で、結局3時間遅れぽっちで到着し、乗り込み開始。

「乗継どうすんだよ!?」

と、KLMスタッフに聞いたら、

「現地でお客様をお待ちしております。ご安心ください。」

それなら、ご安心だよ。頼んだよ。
ということで、無事離陸。

第二波乱は、こんな感じ。
電車に乗り遅れたときの絶望感と疲労感を返せ。


で、オランダのアムステルダム、乗継経由地に着いてからの話。
結局4時間遅れて到着は、オランダ・スキポール空港。

はー、4時間も待ってくれたんかいな。ありがとね。急いで乗り継ごうね。
と、近くのKLM職員に声かけたら・・

「もう行っちゃいましたよ(・∀・)」

「てめー、ざけんなこらぁ、どうすんじゃぁぁぁぁぁぁ」

というわけで、成田とスキポールの連携が案の定うまく取れておらず、
めでたくオランダで孤独確定。

空港で寝るんか?お前らはそれを要求するんか?
という怒りの限界のとき、よこでもっと切れてる奴がいた。

マドリードに行く予定だった日本人が、眉間に青筋立ててる。
青よりは、青緑って感じだね、あの筋は。

彼は、成田でフライトが遅れた時点で、オランダ宿泊が確定し、
ホテルを取ってもらう約束を取り付けたそうな。

でも、現地に着いたら、

「それは向こう(成田)の問題だ」

みたいなことを言われたらしく、もう気が触れてそうだった。
うん、わかる。

そうこうしてるうちに、続々宿泊決定者が現れ、全員で一致団結。

勝訴。キタコレ。

スキポール空港の最寄のホテル(☆☆☆☆)を奪い取る。
夕食、朝食、電話代、すべて航空会社もち。

ま、当然ですわな。


というわけで、1日遅れでのプラハ到着となりました。
これからの生活を暗示してます。かなり。

ようやくネットをつなげられる場所を見つけ、
たまった愚痴を吐き出しているわけです。

失礼いたしました。
それじゃ、また。







身はたとえ
武蔵の野辺に
朽ちぬとも
留め置かまし
大和魂

吉田松陰

異国→武蔵が、正しいです。
[PR]
by chikara_mikado | 2007-09-06 20:38 | チェコのこと
<< ある温泉町の国際映画祭 その4 一休み。 >>