外国人警察の話 2

往生際の悪い僕は、次の日も挑戦することにしました。
決してマゾではないです。

この日は、気合いの入り方が違いますよ。
始発で出発、朝の5時過ぎに到着。
地下鉄誰もいねぇ。キューブリックの映画みたいだ。
a0013368_23351677.jpg


うわー、でもすでに人が並んでるよ。
こいつら何なの・・
てゆか、上と下のこのギャップがたまらん。
a0013368_23313957.jpg

だがしかし、昨日に比べ大分前の方に陣取ることができた。
この分なら問題なく整理券を取れるはずだ。

扉は7時30分に開く。
あぁ、2時間半立ちっぱなし待ちぼうけか。

たまらんなぁ、と思いつつ1時間が経過した頃、

「日本人ですか?」

だ、誰じゃ!

日本人の女の子が立っていた。
この後の記述を考え、無理やりYさんとしとく。

よくよく話を聞いてみると、昨日もここに来たらしいが、
時間が遅かった&情報がなかったせいで、昼過ぎまで待ちぼうけ。

今日は気合を入れて目覚ましをかけたが、無意識に止めて、
来てみたら長蛇の列。

ダメ元で日本人探してみたんだと。
アナタハラッキーデスネ。

ということで、寒いつらい朝の待ち時間を、
2人で過ごすことに。

Yさんはなんと画家で、ハンガリーに政府奨学金を貰いながら2年滞在した後、
チェコに来たそうな。ヨーナポトキヴァノク。

あぁ、やっぱり色々な経験をしている人の話は面白い。
あっという間に開門時間になった。
途端にですよ、入口の脇に人が集まりだす。

いやいや、こらこら。

今ここにみんな並んでるのよ?
見えないわけ?

全く意に介さず、左から右から、そして並んでいる本流の真っすぐと、
3方向から一気に扉に人という獣の群れがなだれ込む。

誰か転んだ。
悲鳴も聞こえる。

体がよじれて、ねじ切れるかと思った。


ようやく掴んだ整理券は28番。
その子も40番をゲット。

キタヨキタヨ!
ついに登録が終わるか。
流石に2度目だし、もうごめんだよなー。

さて、ようやく登録窓口まで到達できたわけですが、
担当者の態度がありえない。
もうね、その冷たさといったら絶対零度。
Mrs. ヒトラー。

外国人警察とは、その名の通り、外国から来た人たちのVISAやら住所やらを
登録して管理する警察のこと。ほかにも仕事あると思うけど。

なのにですよ!

どこにも英語及び他の国の表記で説明がない。
てゆうか説明自体がない。

んでもって、そこで働く人々はチェコ語しか話さない。
態度も高飛車。

ちょっと下手に出て、

「ごめんね、チェコ語がうまく話せないんだ。英語話せますか?」

と聞いたら、ものすっごい勢いで、

「ムリ」

目が怖い。笑わない。
で、それからずっと猛スピード、チェコ語の洪水。



もう一人友達になった。

チェコで働くエジプト人、ラティフ。
彼もまた外国人警察の手酷い仕打ちを受けている仲間だ。

整理券を無事受取り、順番を待っている間に仲良くなった。
ラティフと彼の友達、僕とYさん。
4人で話し込む。

ラティフはここにもう10回ぐらい来てるそうだ。
確かになんか寛いでる感じだもんね。
いや、そんなんじゃだめだけど。



すごい勢いで、「ムリ」と言われた僕は、
すごい勢いで、ラティフに助け船を要請した。

なんか劣勢だなぁ。
と思っていたら、ビザに不備が発覚。
たまんねぇぇぇ。

このビザの有効期間は、たったの3日。
しかも9月15日から。今日は9月11日。あぁ、貿易センターの日だ。

つまり、9月15日以降にこの国に入国し、そこから外国人警察の3営業日以内に
登録をしなければならない状況らしい。

そのための、仮のビザなんだと。オラのは。
知らんがね。知らんがね。
説明してくれないもんね。聞いてないもんね。

外国人警察の担当者も絶対に状況を理解していない。
よくわからないのに何かやっちゃって、
後で自分のせいになったら嫌だから、とりあえず駄目だししてる雰囲気だった。

そんなんで、朝の5時間待ちを無にするなよ。
と、激しい殺意を覚える。
一度目はね、正直ネタになるし、まぁいいかってなもんだったけど、
二度目はね、吐き気がする。拳が固くなった。

というわけで、2度目の挑戦も実らず。
急いで、在日チェコ大使館に相談したら、15日頃に一度国外に出て入りなおし、
再度登録に行ってみてください。とのこと。

ふむ。
一理あるね。合法的だね。
でも、軽く言ってくれるなよ。
あんたが行ってみるかい?


→というわけで、お隣のドイツはドレスデンに小旅行することに。
 まだこの話は終わらない。
[PR]
by chikara_mikado | 2007-09-29 23:40 | チェコのこと
<< 外国人警察の話 3  寮の話 2 >>