TESCOで鳥肌

一昨日、地下鉄乗ったんですよ。
結構混んでたんですよね。

繁華街の駅で降りるとき、荷物がなんかに引っ掛かった気がしたのね。
とりあえず、ぐいっと引っ張って電車から降りると・・

布の肩掛けカバンがザックリ。
鋭利な刃物でザックリ。

中身をチェックしたらデジカメが亡くなってた。
盗難っつーか、強盗?

でも思いのほか、冷静で、
まず思ったことは、

「ヤレヤレまた(この国にしてやられた)か。」

ってこと。なんとなく灰色の空に希望を感じない。
ホームレスは、いつもホープレス。

というわけで、誰かのカメラを借りるか、保険で新しいの手に入れるかしたら、
写真付きでじっくり文句書きたいと思います。



閑話休題。



TESCOはイギリス資本の巨大スーパーマーケット。
まぁ、日本で言うところのダイナミック・ダイクマ辺りか。
a0013368_2521420.jpg

さて、Narodni TridaのTESCOは、プラハの街の中心に位置することもあって、
たくさんの人が来る。

数量的な意味もそうだが、たくさんの人種って意味も含んでる。
人種だけに留まらず、可笑しな奴、変な奴、気持ち悪い奴、よくわからん奴という
性格的って意味も含んでいる。
年齢的に言っても、老若男女で・・・いつまでも終わらなさそうなので、この辺にしとく。

ま、とにかく色んな客が来るわけで、彼らは彼らの人生物語の真っただ中ってことだ。
そんな中でも今日会った日本人の夫婦の物語には鳥肌が立った。

夕飯の買い出しに来た僕は、といってもパンとバナナとシリアル、
支払いを終えて、レジ横の台で荷物を袋に詰めていた。

後ろから、

「こんにちは」

木村さん夫婦は、バイクで世界中を旅し続けて4年半。
カナダを出発して、プラハのTESCOまで4年半。
バイクはカワサキだ。

カナダからアメリカを通り、南米へ。
グアテマラでスペイン語を会得するべく1年過ごしたらしい。

南米の上からアルゼンチンへってことは、かの喘息持ちのラガーマン、
ゲバラが通った道を逆走してるってこと。
モーターサイクルダイアリーズを地で行ってる。
ゾクゾクっとしてきた。

そして、アルゼンチンを通りヨーロッパはドイツへ。
フランクフルト→ポーランド→スロヴァキア→チェコ、そして次はハンガリーだそうだ。
ゆくゆくはロシアからモンゴルへ。持ってるお金がなくなったらお仕舞い。

といっても、最大限の節約は当然のことだ。
大事に大事に必要なモノやコトを見極め使っている。

しかし、疲労の溜まったカワサキはストライキ中らしい。
プラハにいい修理工がいるといいんだが・・

日本を発つとき、全てを売り払ってこの旅に臨んだそうな。
帰る場所を絶って、テントを積み、世界を回る。

多くの人が望むけれど、実際には出来ないこと。
それを今まさに実現してる。
しかも、同じことに意味を感じる人と一緒に。
いいなぁ。

もうオイラの全身の毛はかなり逆立ってきてた。
1か月に一度しか開かないメール確認の時に、
旅先の写真を送って貰うことを約束して別れた。



10日くらいは、修理の関係でプラハに滞在するらしい。
また会えるといいな。偶然。
[PR]
by chikara_mikado | 2007-10-19 02:52 | チェコのこと
<< 道成寺 in PRAHA 外国人警察の話 4 >>