でも、意外と懐かれてる。

ご無沙汰しております。

プラハは雪です。
毎日零下です。
日中もマイナス。

このところ、日本からのお客人が立て続けにいらっしゃいまして、
ちょっとだけ案内人を気取ったりもしています。

東京はまだ暖かいそうですね。
こっち、完全に真冬。

いや、これからさらに加速するのか。
考えただけで、かき氷を食いすぎたあの夏の日みたいになります。
ビスマルクのような。

ただ生きるのに精一杯な感じとよくわからんお気楽さが半々で、
自分自身が進歩している感覚はほとんどなく、
それでも毎日は過ぎていく。

みたいなどっかの誰かの教訓映画みたいな生活です。



今、お世話になっている家に柴犬が来ました。
名前は、「タロー」。

ここプラハですよ?

まだ生後3か月で、ちっこくて生意気なしょうゆ顔のタロー君。

本当にしょうゆ。
あぁ、カメラがないのが歯がゆい。

彼はアーオ、アオッ、ハーフー、ファーアなどとしゃべりやがります。

結構、人間の男の子っぽいセリフが飛びでます。
あくびとかまさにソレっぽいです。

そんなタローにも、同レベルの遊び相手だと思われてしまったボクは、

「アーオ、ハーフー(コッチコイヤッ!)」
「へい、かしこまりやした。」

「アーオ、ハフハフ(アソベッ!)」
「わーかったて、ちょっとまって。」
「アオッ!(ハヤク!)」

毎日呼び出しをくらいます。




来週引越しを考えています。
[PR]
by chikara_mikado | 2007-11-17 00:19 | チェコのこと
<< 引っ越し アコーディオンおじさんとシェパード。 >>