ヨーロッパの中心(あくまで地図上)のクリスマス

クリスマス、

そう、それは孤独な人にとっては、街が無駄に煌き、冷たいどん底に突き落とされ、
人々の歓声が遠くで聞こえる、そんな誠に有難迷惑なキリストの誕生日である。

また、熱いお相手がいる奴らは、全てが自分たちを祝福していると勘違いし、
普段よりチョッピリ他人に優しく、そして無関心になる、大事な記念日。

ま、どっちも適当にやってくれ。

さて、僕はそんな日にこの世の中に生まれ落ちてしまったわけであります。
そう、私の誕生日はC様と同じ、12月24日。

毎年毎年つらい思いをしてきた。
当然ながら他の家の子供に比べ、頂く贈物の数は半分。

そして、これは毎年言っていますが、
恋人がいるときは2倍楽しく、いないときは5倍切ない。
割に合っていないじゃありませんかああああああああ。

というわけで、日本にいるときは友達同士やパーティーなどで、
ごまかしごまかし来てたわけですが、今年は一味違いますよ

だって、今僕はヨーロッパの中心都市(あくまで地図上)、プラハにいるのです!
ヨーロッパですよ、サンタの出身地はフィンランドですよ。

そんなわけで、せっかくのクリスマス、そして誕生日、そして海外。
街を巡る散歩に出てみることにしました。

幸い今年は一人じゃありません。
ルームメイトが一緒です。女の子です。ある意味デートです。
そして、なんと誕生日が同じ。
彼女もまた、C様の生まれ変わりなのです。

さてさて、街に繰り出しますよ。
まずは、国民劇場の前を通りブルタヴァ川沿いを散策、
そして、かの有名なカレル橋を渡ります。
a0013368_13241016.jpg

前情報では、クリスマスのプラハは閑散としている、
パブも店も閉まり、チェコ人たちは家族と共に家で過ごすと聞いている。
どうやら日本のお正月みたいな感覚らしいです。

それでも意外と人がいるじゃないかと、思いましたが、
彼らの会話を聞くと明らかに違う言語。
そうか、、全員観光客か。

そして、プラハの目抜き通りならぬ目抜き広場。
ヴァーツラフ広場へ。
a0013368_13274698.jpg

って、おい・・
やはり出店は全閉まり。
今日が本番じゃないんか!?

うーむ、これは想像以上だ。
11月半ば頃からあらゆる広場に木で出店を作り、クリスマスの雰囲気を盛り上げ、
当日は家で過ごす
無計画なのか計画的なのかようわからんが、アホやろ。
a0013368_13284068.jpg

観光客達も怒りを通り越して呆れてるのか、もうやけっぱち
冷えた体を温めるのに、ファーストフードのスタンドに群がっている
外の気温は零下5℃とかだろう。めちゃくちゃ寒い。
いやいや、これはないだろ。悲しいだろ。

さらに旧市街広場を抜ける。
ろくなレストランもやっていない。

這う這うの体で、中華料理屋に逃げ込む。
もう、二つの意味でお腹いっぱい。
帰ろう。早く帰ろう。

道すがら、不吉なお姉さんを発見。
このディスプレイセンスは、何人たりも真似できない。
この極寒の中背筋まで凍らせてくれるとは。

a0013368_13304291.jpg

[PR]
by chikara_mikado | 2007-12-26 13:31 | チェコのこと
<< 金が信念 カメラ強盗 >>