金が信念

と書くとまるで守銭奴のようですね。
本当の私は太っ腹で、大盤振る舞いです。

と言えるようになることが、今年度の抱負です。
謹賀新年、明けましておめでとうございます。


人生で初めて、異国で年を越しました。
毎度ながら地図的には、ヨーロッパのど真ん中。
チェコはプラハに滞在しております。

大晦日にはルームメイト+デンマーク人の女の子が部屋に来て、
チェコのテレビを見ながらまったりと年越し。

チェコにはTVのチャンネルが下記の4つしかないんですね。

Ceska Televize 1,2(NHKのような感じ)
Nova(言葉がわからんので、何やってるかもわからん)
Primo(映画とかドラマとか歌)

結構少ないですね。
いや、かなり。

ちなみにデンマークは、ノーマルで6チャンネル。
でも多くの家庭がエキストラで増やしているそうです。

新年へのカウントダウンも終わり、深夜1時ごろですか。
何気なく番組を見てたら、日本語が耳に入ってきたんです。

Primoチャンネルの歌番組で生ライブを中継した後、
歌手と司会者によるトークみたいなコーナーが始まっていて、
妙齢の女性歌手が日本の歌を披露している!

チェコ語ってやつは、まれに日本語っぽい空耳を引き起こすもんで、
その類かと思っていたら・・

はまなすの咲く頃
丘に登れば
白夜は明ける~♪


ときこえてくる。
流石にこれは空耳の域を超えてるだろ。

その女性は、Helena Vondrackova(ヘレナ ヴォンドラーチコヴァー)。
有名な女性歌手だそうで。
a0013368_6443983.jpg

歌っていた曲は、そう。
皆さんが大好きな・・

知床旅情」!

え、知らないですか。
森繁久彌の作詞作曲で加藤登紀子が歌ったアレですよ。(敬称略)

そんな僕はまだ20代半ばですが、I podに入っています。
もしソレをどこかに置き忘れたとして、
拾った人が中身を聞いたら、持ち主はいいオッサンと思うに相違ありませぬ。
そんなラインナップ。

でも言いたいことはそんなことではないんだ。
僕は猛烈に違和感を感じたんだ。

異国で新年、しかし年越しうどん、
カニカマとピーマンとなんかの無理やり手巻き寿司、
チェコの歌番組、流れている曲は「知床旅情」、
一緒に聞いているのはデンマーク人、歌うはチェコ人、しかも結構うまい。


この部屋はカオスだ。


外は雪が降っている。
今年もよろしく。
[PR]
by chikara_mikado | 2008-01-02 06:51 | チェコのこと
<< セネガルの呪い ヨーロッパの中心(あくまで地図... >>