鈍行で行く:スロヴァキアへの旅 1

遣る瀬無いここ数日の報告をしたいと思います。
ところどころ回想風に。

--------------------------------------------------------

今は、午前0時を回ったぐらいだろうか。
そろそろ2軒目に移りそうだ。

F氏は5年のオツトメを終え、3月20日の17:00に日本に帰国する。
日付が変わったので、今日はもう3月20日だ。

色々とお世話になったF氏の最後の酩酊会となれば参加も必然。
たとえ次の日に、朝一番の列車でスロヴァキアのブラチスラバに旅立ち、
大使館にて文科担当官に会うという用事があろうとも。

「HUSA」(パブ)→大人なBar→「ZERO」(小さなクラブ)とはしごして明け方5時。
アサ5ジダヨ。

F氏>後あと2時間で帰国。
ボク> 7:30の列車まであと2時間ちょい。
プラハ>冷たい朝に切れそうな空気。

家までは、約1時間の道のり。
一度家に戻り体をキレイキレイすることを考えると、かなり厳しい。

っと、トラムが目前で逃げて行く。
30分待ち確定。

もはや猶予はない。
せめて服を変えたい。

頭の中で何度もシュミレーションを繰り返します。


・・・


なぜか、風呂場で鼻歌を歌っているボク。
酔っ払いは無意識のうちに服を脱いで、風呂場に向かってました。
もうこうなったらやりたいだけやって、家を出ればいい。


・・・


当然ながら予定の列車には乗れません。
寒い朝、痛い頭と共にプラットホームで修業です。

小一時間後、ブラチスラバ行きではなくウィーン行きの列車がやってきました。
方向は一緒なので、途中で乗り換えれば大丈夫でしょう。
酒が残っていると気持ちが大きくなります。
皆さん気をつけてください。

チケットの確認に来た車掌さんに、なにやら金を払えと言われています。
どうやらこのチケットだけではご不満のご様子。
オーストリア帝国行きは、全席予約が必要ですかそうですか。

言われなき追徴金を払い、国境付近の駅Breclavで下車するボク。
すごくものさびしい駅。

というのも駅が、どこもかしこも工事中。
a0013368_6283079.jpg

ワハハー、ユキガフッテキタ。

とはいえ、まだ理性が残っているボクは、紳士風に駅員さんに尋ねます。

僕:「Bratislavaにはどう行ったらいいですか?」
駅:「エイゴワカリマセーン」

シット。

と、そこに同類の、つまりは少し顔が赤いオッサンが間に入ってくる。

オ:「どうしたよ?」
僕:「実はBratislavaまで・・」
オ:「それならここさ!」
僕:「ハヤッ。」

(なんか怪しいな・・、人のこと言えないけど。)
(後ろにいたお婆さんは、奥さんだろうか。)
(まぁ、夫婦なら平気かな。)


とりあえず、駅員さんも頷いてるのでここで待つことにした。
ベンチに腰掛け本を取り出す。
かじかむ手でページをめくっているうち・・

オ:「こっちだ!これだ!のれ!」
僕:「ちょ・・」
オ:「いいからのれ!」
僕:「ブラチスラバだよ?」
オ:「だいじょうぶだ!」
僕:「ブラチスラバだよ?」
オ:「だいじょうぶだ!」
僕:「ブラチスラバ・・」
オ:「まかせろい!」

自信満々に乗り込んでいきます。
つい流されて、弱気に乗り込むボク。

10分ほど経って、

オ:「ここだ!」
僕:「ンナアホナ。」
オ:「おりるんだ!」
僕:「あぁ、やってもうた。ただの酔っ払いだ。」
オ:「ここでのりかえだ!」
僕:「むむ。」

降り立った駅は「Lanzhot」。
チェコ側の真の意味での国境駅。隣のスロヴァキアまで10キロありません。

時刻表を見ると、確かにブラチスラバ行き列車がここを通ります。
次の列車は20分後です。

ヤッタネ!

オッサン、ありがとう。
じゃあ、バイバイ。

と思いきや、

オ:「こっちだ!」(待合室へ)
僕:「ちょ、、」
オ:(待合室のベンチに座った奥さんに荷物を渡すして、)「いくぞ!」
僕:「ど、どこへ?」
オ:(ニヤッ)

あはー、駅の裏手にさびれたパブがある。
オッサンは迷わずそのパブに猪突猛進。

(勘弁してくれよ・・)

ドアは当然閉まっている。
なぜなら、今は午後12時を回ったところだからだ。

(無駄なことはよせ。つーか、酒なぞいらぬ。)

という淡い希望もすぐに敗れ、
眠そうなランニングの太っちょが、やけにお似合いのマルチーズとお出迎えだ。

オ:「ぐへへ、おせーじゃねーか。のませろい。」
太:「しょーがねーな。その横のは誰だ?」
オ:「おれのつれだよ。」
僕:(なにこの展開・・)

太:「ビールでいいよな」
オ:「おうおう」
僕:「もうなんでもいいっすよ」(日本語で。)

満足そうにうなずくオッサン。
a0013368_6303973.jpg


太:「50KCだぞ」
僕:「僕払いますよ。」
オ:「ん、なんでだ?」
僕:「まぁ、案内してもらってるし・・」
オ:「そうか、じゃらむもたのむ。」
僕:「・・・」
オ:「がはは、じょうだんだよ。」

オ:「いやいやじょうだんだって、らむはおれがだしてやる。」
僕:(にこにこしながら日本語で)「いらんわ。」

満足そうにうなずく面々。
a0013368_6312061.jpg


あと5分の辛抱だ。
次の列車に乗れば、黙っててもブラチスラバだ。

アマカッタ・・
a0013368_632511.jpg


お前、どう考えてもこれはローカル電車じゃないか。
チンチン電車やないか。


オ:「のれ!」
僕:「ブラチスラバ・・・」
オ:「だいじょうぶだ!のれ!」
僕:「本当につくんですか?」
オ:「もちろんだ。」

ハイ。
お次の駅は「Kuty」。
こんどは、スロヴァキア側の国境駅ですねー。

だいぶいい気分ですよー。
ラムを2杯とビールですよー。
明け方までの酒も残ってますよー
眠いですよー。

オ:「おまえのじゅうしょをおしえてくれ。てがみをおくりたい。」
僕:「はいはい。いいっすよ。」
オ:「わはは、おまえいいやつ。」

オ:「じゃ、おれここだから。」
僕:(もう驚かない)「あ、そう」

オ:「つぎのにのればぶらちすらばだから。」
僕:「はいはい、だうも。」

(去ってゆく老夫婦、残された酔っ払い青年)

僕:「すいませーん、ブラチスラバ行きの列車はどこから出ますかー?」
周囲の人々:「コソコソ」
僕:「スイマセーン!スイマセーン!」

若い女:「こっちよ」
僕:「ありがちょう!」

ついに、ついに、ブラチスラバ行の列車に乗ることができた。
無駄な乗り換えを重ねること3回。
見知らぬオッサンと仲良くなり杯を交わすこと3回。
先ほどまでの雪が嘘のように、晴れ間がのぞいた。

天が祝福した。

ちなみに、ボックス席の隣に座ったその若い女(カテリーナ:英語教師)も、
真正面に座ったお爺さん(ステファン:オーストラリアに移住していたスロヴァキア人)とも番号とアドレスを交換し、国際交流を果たしたのであった。


これが旅ってもんだね。


さて、ここまでが前半です。
時刻はまだ13:45。
酩酊度70。




ちなみに、プラハ→ブラチスラバは往復で729kc(約4500円)、直行便が出ている。
その場合、約4時間10分で到着となる。
[PR]
by chikara_mikado | 2008-03-23 06:49 | 旅行
<< 女心と春の空 勝訴 その2 >>