さて、大韓航空に乗ってきたわけなんだが。

いつも空港についてチェックインする際に欠かさないことがある。
避難口近くの席か、クラスの境目か、でっかいスクリーンの前(前が壁)か、
とにかく足が伸ばせてすぐ逃げられるところに席を変えてもらうのである。

これが意外と快適な旅を生むわけで。

機内のお姉さんと話せるわ、周りに気を遣わんでいいわ、
座ったままこっそり伸びもできちゃう。

で、いつもと同じく大韓航空のカウンターで200%の笑顔を作ったのです。
そしたらそしたら、成田→ソウルは非常口横のお見合い席、
ソウル→プラハはスクリーンの前の席・通路側をいとも簡単に抑えてくれたの。

成田からソウルまでは2時間だから、多少過酷な状況でも我慢できるんだけど、
ソウル→プラハは長い道のり(11時間)、だから発券してくれた娘っ子の前で
小躍りを披露してあげたら、苦笑した顔にえくぼができてた。

恙無くソウルに着いたあと、わずか1時間半の乗り継ぎ待ちで次の飛行機へ。
仁川の空港はいたるところにコンセントがあって、PCやり放題。さすがネットゲームの国。

そして、ソウル→プラハの便でウルトラハッピーなことが。


・・・

a0013368_734736.jpg


スクリーンの前の席、俺しか座ってない。
席4つ全部俺のもの。毛布も4枚俺のもの。枕も4つ俺のもの。Yes!!!
オイラ寝ちゃうよ、直立不動で真横に倒れて寝ちゃうよ。

あぁ、そして、なんとこの席にもコンセント付いてる。
エコノミーで電気取れるってすごいんじゃね。

でも見渡すと結構空席あり、なんで空いてんだろ。


大韓航空ね、初めて使ったのよ。
なんとなく避けてて、今回日程と予算がばっちり噛み合ったから、
しょうがないか・・って感じであんまり期待してなかったのよ。

しかししかし!

サービスもいいし、お姉さん優しいし、席の融通は利くわ、人少ないわ、
コンセントあるわ、飯結構うまいわ、なんなのこれわ。

あ、それに安いし。

これってすごいんじゃない?
とりあえず、かなり好感度上がったよ。
もう1回使って同じクオリティだったら、新たな選択肢ですな。







そうそう、機内がキムチくせーって噂だぜ!って叫んでいた僕の友人へ。
まさに君の言うとおりだった。

乗客が一斉にビビンバをかき混ぜだす光景は、、、凄かったぜ。
でも、美味かったぜ。
[PR]
by chikara_mikado | 2008-10-08 07:35 | 旅行
<< プラハを歩けば関係者に当たる もののけ >>