釣りキチ二平  その3(ラスト)

その1
その2


3日目。

三度目の正直、二度あることは三度ある、
仏の顔も三度まで、三度の飯より釣りが好き。

ぬおおおおおおおおおおおおおおお。
増水、増水、雑炊食いたい。

食いたくねーよ、釣らせろよ。
ありがとうございました、どう見ても不可能です。

a0013368_2525450.jpg


こいつらは、そんなことぐらいでめげずに、
今日も頑張っています。

いいなぁ、泳げるって、いいなぁ。

a0013368_2532344.jpg


別の釣り場に移動してみます。

a0013368_254061.jpg


やっぱり駄目で頭を抱えるの図↑


帰ろ、帰ろ。
ヤケッパチになった二人は、すっぱりあきらめて帰路につきます。
クロアチアの国境越えるぐらいまで、愚痴ってましたが。

もういいんです。
初日、あんなに釣り上げたのは生まれて初めてだったから。

そんなわけで2日くらいかけて、プラハに帰着したのでした。

------------------------------------------------

と、ここでボスニアの話は終わって、その後のこと。

帰って来た週の週末にリベンジで、また釣りに行きました。えへ。
今度はプラハから北東に約150キロ。エルベ川の上流です。
前日、復讐に燃える僕ちんは魚の夢を見てしまいました。

もうね、病気。


朝、10時過ぎから夕方4時まで、
あれやこれやと手を尽くしたものの、釣果はこれまたピリッとせず。


でもね、いいんです。
かつて中学生だった頃、日本でいくら渓流釣りに行っても
ほとんど釣れなかったんですから。

いつも三平読んでは、

「いいなぁ、いいなぁ、こんなんだったらいいなぁ。」

と、妄想してばっかりだったんですから。

こっちでは、まるで漫画のように、

「あそこの岩陰に毛針を流したら、食いついてきそうだな」とか、
「あの流れ込みは、居そうだな」とかが、

現実のものとなって、思ったとおりに魚がバクッと来るんですから。



最近また竿を握り始めたけれど、もう何年振りになるだろうか。
どこかに仕舞いこんだ趣味の一つが、遠い異国で咲くなんて思いもしなかった。
今は川に行って、水と遊ぶだけでも楽しいのだ。

a0013368_2554558.jpg

[PR]
by chikara_mikado | 2008-11-23 02:58 | 旅行
<< そこに岩があるから、 釣りキチ二平  その2 >>