三面記事

チェコで一番読まれている新聞は、
「Lidové noviny」と「Mlada Fronta DNES」だそうです。

双方ともチェコ生まれですが、現在はドイツのパブリッシャーに属しています。
同じ発行元で1位と2位を占めるなんて、圧倒的ですね。


ところで、


1月23日(金)より、ここプラハでは日本の映画祭が開催されております。

映画祭2009 -現代日本映画特集-

とはいっても、まだ2回目。去年始まったばかりです。


ご存知ですか、


フランスでは、「マンガ」という単語がフランス語として認識されているそうです。

チェコで、「エイガサイ」という単語をチェコ語として認識させたいと、
嘘か真か、映画祭のディレクターが言っていました。

故に、タイトルがそのものズバリ「EIGA-SAI 2009」。
若干無理めですが、生暖かく見守ってあげたいと思います。

さて、映画祭と言っても、ただ作品上映をすればいいというのではなく、
関連イベントを各種開催します。
総合的に日本の文化を伝えるひとつのチャンスというわけです。

上映作品は、
「ビリケン」、「ALWAYS 3丁目の夕日」、「カリスマ」、
「チルソクの夏」、「2Duo2/デュオ」、「二人日和」、「たそがれ清兵衛」

待合室では折り紙が置いてあったり、
映画上映の前にはステージで和太鼓や三味線の演奏、着物のショーなど。
盛りだくさんであります。


本題に入ります。


というわけで、着物ショーのモデルの話が突如舞い込んできたのです。
お祭りの賑やかしとして。

面白そうなので二つ返事でOKしましたが、
当日用意されていたのは浴衣。

オフレコですが、タグが某ウニクロに似ていました。

華やかな着物に着られた女性陣に囲まれ、我ら男子は2人。
しかも着物を着こなしている年配のTさんと比べると、
浴衣に雪駄の僕は出来の悪い弟子、もしくは博打好きの書生といった風体。

浴衣を着た女性と二人で舞台に立ちましたが、
その子がどうもチェコ人カメラマンのつぼだったらしく、
うっかり例の、「Mlada Fronta DNES」文化面に写真が載ってしまいました。

しかもでっかく。

a0013368_20175793.jpg


えぇ、間違いなくカメラマンは男ですね。

いいんです。
紙面を賑わすのはもう少し後にしておきます。

ではでは。
[PR]
by chikara_mikado | 2009-01-29 20:19 | チェコのこと
<< 陰謀 願い事、3回。 >>