カテゴリ:旅行( 22 )

セネガルの呪い

年が明けて直ぐのころ、プラハからジュネーブへ、そしてスイス各地を通りミラノへ抜けて
またプラハに戻る、という旅程をこなして参りました。

現在猛烈な咽の痛みと発熱、頭痛に悩まされています。
この症状をみるに、ただの風邪ではなく新型インフルエンザ、
はてはセネガルの呪いなのではないかと疑う今日この頃です。

スイスの街並みがどこも素晴らしかったのは、元気になってから書きますが、
今日みなさんに伝えたいことは、イタリア・ミラノで注意すべきこと。

スイスより鉄道で、ミラノへ渡った僕らでしたが、ミラノ駅の券売機でまず出会ったのは
親切な切符の買い方案内人。

小奇麗なジプシーのお姉さんが、懇切丁寧に切符の買い方を教えてくれます。
One wayだったら1€、一日乗車券だったら3€よ、と。
10€札を入れて一日乗車券を2枚買ったら、おつりが2€コイン2枚。
お姉さんは急いでおつりを取ります。

おいおい。

と、思ったらちゃんと返してくれる。
あれれ、ただのいい人なの?

違いました。

一度ちゃんと返しておいて信頼関係を築いたのち、

「サー、チップを頂けないか」

と頼む、情に訴え作戦なのです。
当然、ホロっときた僕は

「持って行きなよ、ベイベー」

と、その場の雰囲気に流されます。

よくよく落ち着いてみたら、隣の券売機にやってきた白人のオッチャン夫婦にも、
案内人して、チップゲットしとるし。

こんなんで数€かと思うと、その仕組まれたやり口に脱帽するしかない。


さて、無事1日乗車券を手にした我々は、とりあえず中心駅に向かう。

ドォーモ。

おや、ここにも券売機の横に人が立ってるぞ・・
そうか、それぞれ持ち回りが、餌場が、狩場が、縄張りがあるのね。
シュゲーな、流石イタリア、ギラギラしとるね。
と、中央口の階段を上り、メイン広場へと出る。

と、陽気な黒人が話しかけてくる。

「ヘーイ、ワッツアップ?」

「OK」

「ディス イズ フォー ユー」

(なんだかミサンガのような、紐のような、手に巻く物のようだ)

「I don't have money」

「ノープロブレム、ディス イズ ロング ライフ フォー ユー」

「but I don't have money」

(肩にパサッと乗っけられた)

「オーケー、オーケー、ノープロブレム」

「So.」

「マイネーム イズ キン. アイアム フロム セネガル」

「I am Japanese.」

(ここで、僕らはハイタッチをする)
(そのままグッ、グッと2回連続の握手)

「アイハブ シックス ブラザー アンド シスター」

「All right.」

(僕の右手には、セネガルのロングライフお守りが巻きつけられている)
(キンは持参の爪切りで、結んで余った紐を切っている、結構細かい奴だ)
a0013368_19404278.jpg

「ソウ、ディス イズ ロング ライフ フォー ユー」

「Thank you, bye.」

「サー、リトルマネー フォー アフリカ」
「サー、リトルマネー フォー プアー カントリー」

「I told you I don't have money.」

「プリーズ、プリーズ」

(仲間たちがわらわらとやってくる)

「anyway, bye」

(少し強引に振り切ったら追いかけてくる様子もない)

「ファック、シット、ガッデム」

「おいおい、金ないてゆーたやん・・」



みんな無からお金を生み出すのに必死。
しかし、それゆえに巧みな方法へと洗練されていくのかも。
実際に、ある種の強引さはあっても、決して最後の一線を越えることはなく、
むしろ相手の同情心や良心に訴える作戦が多い。

おつりを返すのも、名前や出身や家族構成を伝えるのも。



ミラノから戻った次の日、強烈な風邪ひいた。
キンよ、金ないてゆーたやん。
[PR]
by chikara_mikado | 2008-01-19 19:44 | 旅行

海石榴

”つばき”と読みます。椿。

奥湯河原にあるお高い温泉旅館に行って参りました。
総員でお出迎え、総員でお見送り。
飯は料亭の如く。

ま、そんなことはさておき、
「海石榴」という名前について、どうも心が動かされたので書き記しておきまふ。

元々日本(だけかどうかは知らん)に生えていた”つばき”が、
7世紀に遣唐使によって中国へ伝えられたそうな。
んでも、当時日本には”椿”という漢字はなく、ひらがなであらわされていたと。
”椿”という漢字が生まれたのはもっと後の時代になってから。

”つばき”の花は真っ赤に咲き誇りパッと見”ざくろ”ぽいじゃーん、と
どっかの中国人が感じたそうな(あくまで噂)。
a0013368_22162756.jpg


ということで、”海”を渡った”石榴”という意から”海石榴”が”つばき”と読まれることに。


で、「この海を渡った」とこに無性に打たれてですね。
しかも想像する流れとしちゃ、向こうで似てるよねと云われた”石榴”という文字が
無事に日本に辿りついた。帰ってきたってとこに。

最初は、海豚とか河豚とか野豚とか海苔のように、
どこかにある何かに似ていて、それをあらわしているんだと思った。
左から、イルカ、フグ、ただのブタ、ノリ。

だから、海にあるザクロみたいに赤っぽいなんかが生えてるんでしょ?
それがツバキに似てるんでしょ?
( ´_ゝ`)フーン

ところが、1500年近くも昔に遠く隔てられた大陸に渡り、
現地の人がその証拠に漢字を充てた。
その漢字が海を渡って戻ってきた。

故に”海石榴”。
浪漫があるではないですか。感動した。

まぁ最近ね、大航海時代をテーマにしたゲームを嗜んでいるので、
妙な感情移入をしてしまったという背景もあるのですがね。

ちなみに”浪漫”は夏目漱石が考えた当て字らしい。
[PR]
by chikara_mikado | 2007-03-29 22:33 | 旅行

3G

えー、どうも。

3/3から3日間、
環境をテーマに活動を行う大学生のギャザリングというものに参加してきました。

まだまだ捨てたもんじゃないですね、世の中にこれだけ熱い学生達がいることに
少し感動しました。

9割学生なわけで、卒業しちゃったオイラはちょっと場違いな感じじゃないかと
密かに心配してたんですが、そこはまぁ、両者の熱さでカバー。

結構居心地よかったです。

気の合いそうな仲間も多数できましたが、今回の収穫はその中でも一人、
やけに波長が合う関西の青年です。

・デザインで環境活動
・4月から身一つで上京する。
・一軒家を4人で借りてシェアリングする。
・そのうち一人は女の子

これだけで、ドラマが一本作れます。
ゾクゾクしますね、一つ屋根の下。

こいつは、きっと何かやらかしますよ。
その時一緒になんかやってたいなと。


余談ですが、打ち上げにも参加してきました。
このイベントの運営団体行き着けの居酒屋で行われ、
その一次会を胴上げでしめたわけなんですが、

近所にパチンコ屋がありましてね。

どうも見覚えがあるんです。この光景。うん。
つまり、何年か前に彼らの先輩の先輩とかがこの居酒屋の前で
同じく胴上げしちゃってた時、私はちょうどそのパチンコ屋から出てきて、

「うるせー、やつらだな」

と横目でチラリと見ちゃってたぽいのです。

時がたち今、この立場の移行を自覚したとき、膝が震えました。
なんか歴史は繰り返す、を自らの力で打ち破る、みたいな。
もうちょっと早くてもよかったよな、と。


自分の学生時代を思い返すと、なんだか泣けてきます。
過ぎた時間は戻らないので、考えていてもしょうがありませんが、
一先ず急いでその分を取り戻すべく、濃密な時間を作りながら生きたいと思わされました。

でも、2次会3次会と会が進むにつれ、「翼をください」を全員総立ち5ビートで刻むなど、
だいーぶ壊れましたが。

いやー、楽しかったわ。



かしこ
[PR]
by chikara_mikado | 2006-03-06 18:45 | 旅行

世界遺産の村

合掌造りってのは聞いたことがありますでしょうか?

白川郷・五箇山ってのは世界遺産の一つだそうなんですが、
先日ひょんなことから逝って参りました。

えーと、実はその前日、金沢で開かれた野生動物保護学会ってのに
出席してたわけなんですが、なんで?

俺は一体どこに向かっているんだ、という迷走ぶり。

以前の環境展で知り合った農工大の教授に招待され、
今年で有効期限が切れるマイルの清算が迫り、
やることがなく溢れ余る時間と日々、

といった具合で、これ幸いと行ってきた所存です。

で、学会のあと、その教授御一行と五箇山は合掌造りの民宿に一泊と相成りました。
世界遺産といえど、実はただの村でありまして、村人は普通に生活しております。
で、村の一番人気の職業が、民宿経営。
観光客を泊めて飯食わすだけで、銭がガッポガッポ。五箇山の人スイマセン。

お世話になった民宿には、オーストラリアからの客人もいて、国際色豊かでした。
こっちの一行にはモンゴル人いたし。

なんだか酒がすすむうち、新たに挑戦したいプロジェクトがあって、
それを僕が手伝うというような妙な方向に・・

まぁ、どうにでもなれ、という人生ですから。
気楽にいきたいと思いますが。

今日は勤労感謝の日ですね。
勤労してない私にとっては、身の裂けるような一日でございます。

兼ねてから計画していた、肩書きのためだけの株式会社。
結構前向きに検討中です。

今何やってるの?
と聞かれ、返答があらゆる意味で楽になります。

ということで、また。

|彡 サッ
[PR]
by chikara_mikado | 2005-11-23 06:01 | 旅行

札幌×男3人=?

というわけで、無事帰宅いたしました。
てゆか、今回の旅行はかなりハードでした。

まず初日、というか出発までの流れを見ても悲惨。
朝6時半出発の飛行機だったんですよ。
だから5時半とかに羽田。

自宅からじゃ、ちっと無理じゃね?ってことで一行は横浜で待機することに。
で、当然の如く始ったのは麻雀。しかも三麻。そして徹麻。

店を出る頃にはすでに憔悴しきってて、朝の電車でおうちに戻り、
一風呂浴びて、就寝でしょという雰囲気。

おかげでヒコーキに乗り込んで、体感約3分。
目つぶって、耳が痛いなと思ったら、そこはもう新千歳。
手には「お客さん寝てたんで、サービスしませんでした byスチュワデス子」みたいなシールが。

まぁ、着いてからはわりと精力的に色々まわりましたよ。
札幌、旭川、富良野、帯広、十勝、襟裳岬、苫小牧、札幌を三日で制覇。

札幌の間の都市達は特になんもないし「綺麗でしたよ」ってことで割愛。

初日の夜と最終日の夜。
男3人で札幌で過ごす夜でしょ?当然薄野に行くことになるよねそりゃ。

実はわたくし、キャバクラ及びその他の風俗って一切未経験なんです。
というか金払って女子と遊ぶってのがどーも引っ掛かりまして。
ついでに、風俗に関しては生理的に㍉。

ということで、風俗の誘いはなんとか断り、
とりあえずキャバクラまでハードル下げてもらいますた。
それでも初キャバデビューですよ。

学生の頃、新歓コンパとかで口説き落とした女の子が、蓋を開けてみればキャバ嬢だった。
そんな思い出が頭をめぐります。ドキドキします。

で、まぁ楽しいことは楽しかったんだけど、
もう二度と自分の意志で行かねーだろうな・・
ぐらいのもんでしたよ。

なんつーか、聞き役になってたもん・・ むしろ相談料クレ。

そんなこんなの貴重な体験をしてきました。
ビバ、デッカイドウ!
[PR]
by chikara_mikado | 2005-08-08 08:39 | 旅行

モーターサイクルダイアリーズ

見てきました。

移動がバイクやヒッチハイク、期間が1年以上、移動距離が1万㌔、様々な国を超える。
移動が自転車、期間が2週間、移動距離が1千㌔、一応色々な県をまわる。

大分トーンダウンですが、まぁなんかかぶってる感じの場面もありました。

「今日泊めてください」
「そこにある労働者用の小屋で寝な!」
        ↓
「今日泊めてくれませんか?」
「裏の景品交換所ならいいでよ」(寂れたパチンコ屋にて)

もう一度、またどっか今度は少し長めの期間と距離でどっか行きたくなりました。

ずっと前に連れと少し話したけど埋もれていたアジア一周ツアーとか、行ってみたいかも。

バックパッカーもどきみたいな奴ね。

もう学生に非ずだから、1.8k・・

映画1本に2k弱もかけるって俄かに理解しがたいけど、これはギリギリですな。。
[PR]
by chikara_mikado | 2004-10-29 02:56 | 旅行

ご報告

ご無沙汰してます。

四国に新たな台風が発生した模様です。

というわけで、やむなく帰還です・・

だってね、、

1日目 曇りで夕方から雨
2日目 激しい雨
3日目 豪雨
4日目 もう勘弁してくれ

という、4連続雨コンボにより、肉体的にも精神的にも限界か!?って時に、

「台風23号四国上陸」などと言われたら・・

心が折れます。

結局、名古屋までは到達したものの手羽先食って、きしめん食って、ウイロウ買って、

さぁ帰ろうかな、という次第です。

帰りはもちろん新幹線です。

心折れてますから。

1時間半でした。

明日、元気が出たら数少ない旅の思ひ出、書いてみたいと思います。

かしこ
[PR]
by chikara_mikado | 2004-10-08 00:53 | 旅行

うどんが食べたひ

ということで、四国まで行くことになりました。

目指すは讃岐うどんですね。

現地の調査員に1番旨いうどん屋を探してもらっている今日この頃です。

出発は10月2日、到着予定日は10月10日ってとこでしょうか。

今度は秋まっさかりなので寒さ対策が必要な気がします。

下手な場所で寝ると起きられなくなりそうです。

途中、名古屋で中日フィーバーに巻き込まれることになるでしょうが、

なんちゃってドラゴンズフリークとして大いに参加したいと思ってます。

ま、でも和歌山からフェリーでショートカットです。

そのうち日本縦断とかしてみたいですね・・

自転車で。
[PR]
by chikara_mikado | 2004-09-27 21:20 | 旅行

In Australia

Yeah! What`s up ?

Im in Sydoney,Australia.

Mr.Wang let me use his computer, but this one can`t use japanese.

So, I try to write down in english.

Anyway, it`s so nice here.

But I can`t tell you how nice here in my easy english..

と思っていたら、家主が使えるように変えてくれました、うひ。

なーんかのびのびできていい感じです。

ただ、無理を言って使わせてもらったにもかかわらず、
目的は達せられそうにないのでもう寝ようかなと。

時差は1時間のくせに、11時なると眠くなります、つか周りも全員寝てます。

健康的杉。
[PR]
by chikara_mikado | 2004-09-08 21:37 | 旅行

旅立つのです

いやー、人間忙しくなってくると普段しないことでも無性にやりたくなってきますね。

つまり書きたいこと沢山。

そしてなぜなら明日出発だから。

さらには、まだなんの荷造りもしていない・・

まぁ、というわけで明日の午後6時半にはつかの間の日本脱出ということなんです。

行き先は春先のオーストレィリィア。

9月の終わりごろには帰ってくるのですが、日にちは・・忘れた。

でも嬉しいことに、帰ってきたらまた次の旅の予定が生まれています。

四国です!

しょぼ!

でも自転車で行きます!

一昨年は、北海道に行ったのですが、もちろんチャリで、あれは夢と浪漫に溢れてました。

これは別の機会にこれでもかってくらい書きたいですね。

偉くなったら体験記として本にしたいくらいです。

でまぁ、今回の相棒はそのとき一緒に行った人ではないのですが、なかなかおもしろい旅に

なると踏んでいます。

そうそう、ワタクシ横浜在住でございます。

それではまた。
[PR]
by chikara_mikado | 2004-09-05 16:54 | 旅行