<   2005年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大人な男

になりたいと思う欲求が最近少しばかり芽生え始めまして。

安易なイメージから行くと、、

・薄暗い行きつけの小洒落た店を持っている。

→入った瞬間「いつものですね!」と言われ、塩中濃い目バリ固レン草玉ライスが出てくる。

バーボンをロックで飲み干す。

→生中でヒィヒィ言う。

車を乗り回す。

→自転車大好きっ子。

現実の姿もひどいもんだが、この拙い想像力も救いようがない_| ̄|○
[PR]
by chikara_mikado | 2005-08-19 15:39 | 雑記

札幌×男3人=?

というわけで、無事帰宅いたしました。
てゆか、今回の旅行はかなりハードでした。

まず初日、というか出発までの流れを見ても悲惨。
朝6時半出発の飛行機だったんですよ。
だから5時半とかに羽田。

自宅からじゃ、ちっと無理じゃね?ってことで一行は横浜で待機することに。
で、当然の如く始ったのは麻雀。しかも三麻。そして徹麻。

店を出る頃にはすでに憔悴しきってて、朝の電車でおうちに戻り、
一風呂浴びて、就寝でしょという雰囲気。

おかげでヒコーキに乗り込んで、体感約3分。
目つぶって、耳が痛いなと思ったら、そこはもう新千歳。
手には「お客さん寝てたんで、サービスしませんでした byスチュワデス子」みたいなシールが。

まぁ、着いてからはわりと精力的に色々まわりましたよ。
札幌、旭川、富良野、帯広、十勝、襟裳岬、苫小牧、札幌を三日で制覇。

札幌の間の都市達は特になんもないし「綺麗でしたよ」ってことで割愛。

初日の夜と最終日の夜。
男3人で札幌で過ごす夜でしょ?当然薄野に行くことになるよねそりゃ。

実はわたくし、キャバクラ及びその他の風俗って一切未経験なんです。
というか金払って女子と遊ぶってのがどーも引っ掛かりまして。
ついでに、風俗に関しては生理的に㍉。

ということで、風俗の誘いはなんとか断り、
とりあえずキャバクラまでハードル下げてもらいますた。
それでも初キャバデビューですよ。

学生の頃、新歓コンパとかで口説き落とした女の子が、蓋を開けてみればキャバ嬢だった。
そんな思い出が頭をめぐります。ドキドキします。

で、まぁ楽しいことは楽しかったんだけど、
もう二度と自分の意志で行かねーだろうな・・
ぐらいのもんでしたよ。

なんつーか、聞き役になってたもん・・ むしろ相談料クレ。

そんなこんなの貴重な体験をしてきました。
ビバ、デッカイドウ!
[PR]
by chikara_mikado | 2005-08-08 08:39 | 旅行

アネクドート

というのはロシアの諷刺のきいた小話のこと。

時間が空いたのでボケーッと眺めてたら、いいですねこれらは。
笑わせてくれます。例えばこんなの。

予備知識:フルシチョフはスターリンの悪政から人々を救ったヒーロー、でもちょびっと不人気

その1

ある男が塀に
「フルシチョフはバカ」
と落書きした。

この男は逮捕され、懲役11年となった。
うち1年は国の財産である壁を汚したため。
残り10年は国家機密漏洩罪で。
男が1年目の刑期を終えた頃、フルシチョフがイギリスを公式訪問した。
まもなくこの落書き男は釈放された。
それは国家機密がもはや機密ではなくなったからだ。

その2

フルシチョフが養豚場を訪問した。
取材した新聞記者が写真にキャプションをつける。

記者「デスク、『ブタに囲まれる同志フルシチョフ』っていうのはどうですか?」
デスク「だめだ。」
記者「では、『同志フルシチョフを囲むブタたち』というのは?」
デスク「それもだめだ。」

結局、翌日の朝刊にはこんなキャプションがついていた。
『左から3番目…同志フルシチョフ』



えー、仕事の方は順調ですね。
ぴあでチケットの打ち合わせもほとんど終わり、上映スケジュールも完成。
チラシもポスターも刷り上るのを待つだけと。

今回は、前回の環境展と違い、わりとやってることが好みにあってるので
面白いですね。アツイ日々になりそうです。

それから・・なんたってもう夏ですから!
仕事帰りにビアガーデンで一杯のお誘いお待ちしておりますよ。

あ、それと4日から7日までデッカイドーに出かけてきます。
5分で作った旅プランですが、その後、更に5分かけて実行すること決めました。
当然そのうち北の恋人を配ることになります。
てゆか、むしろ北で恋人が欲しい今日この頃。

※ホカイド在住の友人からあたたかい指摘がありました。
  「白い恋人だろうーが!ボケ!」

それでは今日もお疲れさまでした。
[PR]
by chikara_mikado | 2005-08-01 00:03