<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

スポーツの力

盛り上がってんだか、興醒めしてんだかわかりにくいままオリンピックが過ぎていきましたね。

荒川静香、どっかで見たことあるなぁ、と思いながらモヤモヤしてたら、
この前の合コンに来てた人にそっくりだと判明。

美人って騒がれてるけど、どうなのだろうか。

でも純粋に演技に関しては感動しました。
生で見てました。
しかしまぁ、小泉の電話で興醒めですが。
でもやっぱり感嘆。

少し話は変わるんですが、いえきっと大分変わりますが。

私が通っていた高校は、運動会というか体育祭の代わりにバレーボール大会をやるんです。
学年に10クラス500人が犇めき合ってますから、結構なトーナメントになります。
各クラスごとにチーム名やら、クラスメイト全員の名前が入ったTシャツを
自主制作して、全員で着ては士気を高めるという徹底ぶり。
ま、高校生ですから、わりとすぐに熱くなります。

私がどんな生徒だったかは華麗にスルーするとして、
同じクラスに仲の悪いやつが一人いました。
元はといえば、結構馬が合っている奴だったのに、些細なことでずれてくると
取り返しのつかない関係になりがちですよね。
高2の春先に揉めて以後卒業するまで、ほとんど口を利くことはありませんでした。

で、バレーボール大会当日。
熱くなるのは、大体において運動神経がわりとよさげな体育会系と相場は決まってますね。
ゲーム好きの嫌動派は冷めた顔ではしゃぐ奴らを見てます。
例のソイツは体育人丸出しです。
オイラもどっちかというと動くことに自信が有るほうなので、当然熱くなってます。
無駄に燃えちゃってバカな奴らと一括りにされてる感があります。

するとね、アタック決めたり、いいフォローが出たりするたんびに声を掛け合ってんですよ。
俺とソイツが。
その時、その場では気づきもしなかったけど、後になって周りの人からいつ仲直りしたのかと
言われ、してねーYO!ってなもんです。
でもまぁ、なんか気持ちよかったのは事実です。

で、それ以来話さずのまま卒業と。
スポーツやってるときは、変ないがみ合いとかすっとんじゃうね。
ってのの実体験例です。

と、そんなことをフィギアみながら思い出したんですが、
フィギア→個人競技→団体競技→ホッケー→冬→夏→団体競技→ビーチバレー→バレーボール大会、団体競技でビーチってのが謎ですが、こんな流れです。

まぁ、ちょっとぐらいいい話書かせてくださいよ。

なにせ、地図見ちゃ、
「おぉ、こんなところにあったかエロマンガ島!」
とムフーフしたり、
「ンで始まる地名があればしりとりで負けないぞ!」
とキャッキャしてる毎日ですから。
[PR]
by chikara_mikado | 2006-02-28 17:15

心を入れ替えて・・

春先から、ちょいとまじめに仕事をするかもしれぬ。

個人で旅行代理業務というか、まぁお決まりのチェコと日本における旅行者への
サービス提供だけど、を創めるAさんのお手伝いを。

それとはまた別個で、仲良くしてもらってるオペラ歌手のツアー企画のヘルプ要請も来た。
と、書いてみるとえらくいい感じがするが、まぁ小さな後援会の仲良いメンバーでコンサートも兼ねてちょっとお出かけしましょう、というもんだ。

当然これもまたチェコ・・

だれか韓流ブームに次ぐものとしてチェコブームを創ってくれる神はいませんか?

それにしても旅行関連が最近やけに近い。
ので、少し勉強しちゃってるわけですよ。

10月にならないと試験がないっぽいので、それまでやる気が続くかどうかが最大の難点。
そんなわけでまぁ、地理オタクになりつつあるわけです。

アジアのことさえ、あんましよく知らなかったことがちとショックでしたが。



さて、こんなどうでもいい話に付き合ってくれてどうもです。
ついでに、またひとつご紹介を。

室内ゴルフ
[PR]
by chikara_mikado | 2006-02-23 17:17 | Flash Game

なんつーか、暇だよね。オイラ。

これもやってみれば?

SPLASH BACK
[PR]
by chikara_mikado | 2006-02-09 21:13 | Flash Game

ロケッティア

えらく久しぶりにFlash Gameの紹介でござい。
勝手にリンク張っていいかはしらんけど、文句が来たら消します。
おかたじけ。

ロケッティア

無駄にはまる。
じゃ、これにて失敬。
[PR]
by chikara_mikado | 2006-02-07 18:00 | Flash Game

頭突き

という名の映画を今見終わったのですが、これイカス。
どうしてもなんかどっかに感想をぶちまけたい。
ということで、しばし拝借。

遥か昔に自分の涙きのポイントについて語っちゃったことがあったのだけれど、
基本的に皆無。映画で涙することって未だなさげ。

でもまぁ、こう・・
眼の中に溜まっちゃって、

「あぁ・・溢れそうだな・・どうかな・・」

などとエロ小説の如く自問自答してるとそのまま過ぎちゃうとかはたまにある。
泣いたら負けとか思ってるスレタ自分がちょっと嫌いな感じで候。

とまぁ、そんな雰囲気でこの映画も涙が溜まった。
正直零れそうだった。

いつもどこかでユビキタス映画批評の井筒さんが撮った作品なのね。
でもなんか、言うだけのことあるんじゃね?と考えてしまったのであります。

熱い男モノに魅かれる人は外せないですよ、コレ。
女の子受けはあんましよくなさそうだけど・・
選曲がずるいけど、歌もいいし。
見てない人がいたら借りてみて欲しいなぁ。


「パッチギ」ね。
[PR]
by chikara_mikado | 2006-02-04 10:46 | 映画