<   2006年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

梅雨だもんよ

こうジメジメしてちゃね、そりゃモノを書こうって気がおきませんや。
というわけで、梅雨から避難すべくヨーロッパへ出かけてまいります。

まぁ、お決まりのチェコですが。
で、でも今回は、一応仕事として行く事に。所謂一つの出張ですよ。

6/24発の7/10帰国ですから、帰ってきたら梅雨明けの青空が、こう、パーッと。
というわけで、今週先週の他愛無い出来事を綴ってみます。


先々週は、高校の同窓会がありました。
まずは0次会と称して、担任の家に集合。
以前に見たときはまぁ大人しい赤ん坊だった長男は、4歳の独裁者になってました。
しかも色好み。自分の6倍は生きていようかという女を部屋に連れ込んでは怪しい笑い声が。

その後、1次会として銀座に繰り出します。
思えば、このセンセイと一緒に酒を飲んだのは初めてじゃなかろうか。
なんか、きちっと働きたかったら、旦那の会社に入れてくれるという、
有り難きお言葉まで頂戴しました。

卒業して、6年も経とうかとしているのに20数名も集まったんですよ。
幹事もセンセもやりますなぁ。


鎌倉武道館で毎週行ってる格闘技の練習会もだいぶ形が整ってきました。
寝技だけじゃなくて、立ち技も混ぜて、最後は気合と根性だけで乗り切る
虐めのような筋トレまでも付属。
ミットやグローブも買い揃える用意周到っぷりです。

まぁ、練習内容も大事だけれど、一番はやっぱり、一緒にやってる連中でしょう。
これがまぁみんな気持ちいい奴らばっかりなので、毎週中々に楽しみなんですねぇ。
次回以降3週連続欠勤なんで、若干肩身が狭いですけど。


週末に遊ぶわりと仲の良いお姉さんがいたんですよ。
知り合ってからまだ日は浅く、ここ2ヶ月ぐらいで。
お互いを利用し合う、ちょっと汚めのいい関係だったんですがね。

で、まぁそれが最近切れた、と。
困ったもんだが、ある意味他愛無い出来事だ、と。

こうなった今、夏に向けて、色白細身知的美女を探し出し、
一緒に、「朝まで生テレビ」とか「サンデープロジェクト」を見ながら、
熱い議論を交わしたいという野望を持つ今日この頃也。
[PR]
by chikara_mikado | 2006-06-21 00:11 | 雑記

日比谷公園の青空ビアガーデン

先日のこと。

「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」 なるものの記者会見に行ってきました。プレスとして。
一応、自分達の映画祭の記者会見をどんな雰囲気にするか参考にってコトで。

話の本題はこちらなんですが、その手配をしてくれたKさんと記者会見後、日比谷公園の
ドイツビールフェスタで飲んでいたときのことです。

ドイツ戦は生で見てましたが、夜中にヘッドホンで一人でも、
ゴールの瞬間に奇声を発っするハッスルぶり。二回とも。オゥッフ。ゥオッシャィ。みたいな。

といった風に、そのビールフェスタは完全に便乗商売ですが、
ケストリツァーなる黒ビールもつまみのソーセージも旨かったのでよし。

大分脱線しました。

そのちょっと早めな青空ビアホールでおかわりを頼みに行こうとした時、
後ろに座ったオッサンから声をかけられました。

彼の名前はマーク。

我々がグラスやジョッキでドイツビールを楽しむ横で、アサヒの缶生ではじめた、
少しばかり堅実な59歳カリフォルニア人。日差しは強くないけどグラサンがきまっています。

たまたま声をかけた日本人が、両方ともカルフォルニアに縁があり、
Kさんはその地の市民権を持っているという偶然に熱くなるマーク。

アポロ13やらサンダーバードで会話が弾むオッサン2人を肴に黒ビールを嗜む僕。

夏を先取ったアロハシャツでジョッキを空けるKさん。

59歳マークに26歳の彼女、46歳Kさんに24歳の彼女。24歳ワタクシ現在独り者。
そんな事実になんだかやけっぱちになっている僕。

ま、そんなこんなで会話が弾むうち、出てきました。政治と思想の話題が。

マークも3.4本空けて、気持ちよくなってるせいか、大分過激に発言します。

「ブッシュは史上最悪だ、イディオットだ。小泉はそんな奴に振り回されちゃいかん」
「つーか、日本人は政治になんで参加しないのさ、愚かだ」
「ベトナム戦争に参加した教訓から、戦争は大反対だぜ。イラクは完全に間違いだ」
「親父は海軍大佐なんだが、山本五十六は手強かったって言ってた」

ちなみに会話の8割は日本語で形成されています。
もう日本に10年くらい滞在してるらしく、かなり流暢な日本語を話します。
でも酔って熱くなったときだけ、やっぱり英語が出る。

「 ヤンガーワイフはロンガーライフ デショー」

彼は恐らくかなりのインテリなんでしょう。いやほんと。
彼の親がまさに日本と戦っていた世代なのに、冷静にその戦争の評価を下し、
単に憎悪の感情を持つということはなく、何が原因で、どこに問題があったか、
自分の意見を持っていました。

さて、ちょっと角度を変えて見てみると、少し奇妙な感じがしませんか。

世界を見回しても、原爆を落とした戦勝国と落とされた敗戦国の人間が60年で
仲良くその戦争を評価しあう、ついでにお互いの政治観まで意見交換しちゃう。
そんな関係を保つ国同士はありません。

挙句の果てに、初対面です。というか変な三人組かもしれん。

アジアの反日国家、といっても3つだけ、てゆかアジアの冠外しても3つだけ、の指導者達も
もう少しこう仲良くできないもんかと、アメリカ人と話しながらも考えてしまいました。

そんなわけで、たまにですが連絡を取り合うことに。

今回のことで得た新しいコトは2つ。

外国の人(戦ったことがある国の人)とその話題について議論するという体験。
ふと後ろに座ったオッチャンの中には、豪く話が合う人もいるってこと。

ちなみに3時間余りも話して、ついにマークが席を立った後、次に座ったのは
日本の会社員団塊3人組でした。

うん、ひどい。

3人組の会話を盗み聞きしたら、高揚した気分が醒めたので
ちょっとだけ寂しく家路につきました。

年とったら、若い奴らに尊敬されつつ愛される、カクイイオッサンになりたいぜ・・
[PR]
by chikara_mikado | 2006-06-01 04:28 | 雑記