<   2007年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

パントマ

イムをする人のことを「まいみすと」と呼んだりするそうです。

チェコ大使館で催された芸術家フランチシェク・スカーラの展示会の
オープニング・パーティーでマイミストの彼と知り合うことになりました。

正確に言えば、すでに何度か顔を合わせたことはあっったのだけれど、
文字通り「知り合う」というのは、今日が初めて。

大使館てやつは、広尾のいいとこに鎮座してるわけなんですが、
そのマイミストは生まれも育ちも六本木っ子ってことで、
パーティーが終わった後、彼の行きつけのお店で飲むことに。

ポンギッコ(というのかどうかは不明)なだけあって、
看板もない店の名前すらないBarとか行っちゃう。

場所がわかんなくて店に電話かけたら、
「ハイ、バー、デス」とか言われた。

その名前への拘りのなさが、逆にステキ。

二件目、芋洗坂のマンションの一室。
どこへ連れてかれるのかと思ったら・・

役者の卵から慕われママさんがやってるスナック。
働いてる若者は全員役者志望。

スナックも初めてだが、小説とかテレビとかに出てきそうな状況に心躍る。
稽古して、スナックで働いて、稽古して。

今年は、日本・チェコの国交回復50周年だそうで、
2月13日がその記念日なのです。

その日、チェコから大統領が来日して3日くらい滞在するんだってさ。
分不相応だが、レセプション逝ってくる。
掃除大臣と害無大臣とか来たりして。

遠巻きに七三ポマードと漫画オタクを観察してくるニダ。


と、その節目の今年に、
そのマイミストがチェコで一発公演とか

「やっちゃう?」
「やっちゃうか。」
「やっちゃう?」
「おうおう。」

という話が飲んでる最中に繰り返し出たので、
実現に向けて頑張りたいと思う今日この頃です。

以上、チラシの裏日記でした。
[PR]
by chikara_mikado | 2007-01-30 18:58 | チェコのこと

石で口を漱ぐ

夏目漱石が書いた「夢十夜」という作品があります。

ただ単純に漱石が観た夢をなんとなしに十夜分書き綴った作品なんですね。
宣伝みたいですっごく嫌なんですが、それが映画化されました。つい最近。

その内容は突拍子もないモノばかりということで世に理解されるのは
100年後だろう、と自らコメントしたそうです。

で、今年がその100年後。うわ、ちょっと鳥肌たった。本当なら。

個人的に感想を言わせて貰えば、なんていうか、
そこらへんの人生に悩む高校生が観た、暗く深い謎な夢を
朝起きてノートに書いたものと比べても、そう大差ないんじゃね?という感じ。

映画はまだ観てないので、小説に関してのことですが。

作者不詳にして、どこぞの出版社に持ち込んだら、
2ページ読んで捨てられそうな気がしないでもない。

と、そんな流れで、漱石原作の映画を観る機会があったのですが、
これがまたよいのですよ。

昨今のやれリメイクだオマージュだパクリだ、という既視感とは無縁で、
それでいて無性に色々考えちゃうノリシロの深みまで。

いずれも小説を読んでから観たほうがいいとは思いますが、是非。

「こころ」を撮ったのは市川崑監督なんですが、
「夢十夜」のうちの何時ぞやの夜も撮られたそうな。

「こころ」は1955年製作。今年2007年。監督92歳現役。
なんかここにも奇跡をみた気がする。
[PR]
by chikara_mikado | 2007-01-29 14:09

不思議なダンジョン

そろそろ正月休みも潮時かな、とカレンダーを見たら月の半ばを過ぎてました。
でもまだ小正月ですから。

七草粥を食べながら、いつかできるかもしれない娘の名前が

|´・∀・|<セリとかナズナだったらまぁかわいい感じだけれど、
        ハコベラだったら確実に苛められるよなぁ・・
        ウルトラマンの怪獣みたいだぜ。

などと空想に耽っていたら、いつのまにか今日まで時間が進んでいました。
ちなみに、ダダとジャミラと足して1.5で割ったイメージです、ハコベラ。

優しさと引き換えに首の長さを奪われた。


参考までに秋の七草はというと、

萩、桔梗、葛、藤袴、女郎花、薄、撫子

となっております。
書いてはみたものの、取り立てて話は膨らまないことに気が付きました。

更に更に、昔の七草というものがありまして、

米、粟、キビ、ヒエ、ゴマ、小豆、蓑米(カズノコグサ)

となっております。
もはや、後の祭り。

古くは、「枕草子」の頃から、歌に登場した春の七種(ナナクサ)。
江戸時代頃には武家や庶民にも定着し、幕府では公式行事として、
将軍以下全ての武士が七種粥を食べる儀礼を行っていたそうな。

以上、祭りついででした。



さて、年が明けてほどなく、ある探し物のついでに大掃除っぽいことをしてみました。

大体いつもの流れですと、

昔の懐かしい漫画を見つける→読む→次の巻を探す→日が暮れる

となっておりますが、今回は

昔の懐かしいゲームを見つける→始めたら止まらなくなる→日付けが変わった

で、ございました。

トルネコには愛と夢と希望と知性がつまっています。
アンパンマンみたいなあの腹に。
[PR]
by chikara_mikado | 2007-01-18 23:25

ペンギンのイジメ

初笑いしますた。


a0013368_1981880.jpg


[PR]
by chikara_mikado | 2007-01-05 19:09 | 気になった画像

坊やぁ、良い子だ、金出しな

お年玉が貰えない歳になって幾星霜、毎年この時期は狩りの季節です。
葱という名の諭吉を背負ったガキどもがビックカメラでうろうろしてます。
税金もかかりません。

なんてことを書くと、このご時世ですから警察のサイバー対策科から
手招きされてしまう鴨。

さて、年末は忙しくないのに忙しいふりをしていたので、
なにも書く暇がありませんでした。ついでに中身も。

朝まで生テレビを5時間観たおかげで、目が覚める頃には
初日の出がすでに西の空へ帰った後でしたが、なにか?
なんだか暗雲立ち込める1年を思わせる一日のハジマリ。

とはいえ、なるようになるでしょ。
初詣も済ませたし。12月30日の忘年会の帰りに。

そんなわけで、今年もよろしくお願いしますよ。
[PR]
by chikara_mikado | 2007-01-01 20:21 | 雑記