<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

犬のしっぽ、それはイタリア。

ソファに座り、野菜ジュースを瓶ごと傍らに携え、
ずいぶん前に図書館から借りてきた本を開く。

2行読んで、そんな気分じゃないってことに気がついた。

目の前のただ映っているだけのテレビには、温暖化の影響で解ける南極で
しょんぼりしたクマが泳いでいる。

なのに、僕の足元には暖かい風が白い箱から届く。
我が家の犬も風をうけて、僕の足元で気持ちよく眠っている。

犬のしっぽが揺れた。

ヤツは明らかに眠っている。
寝顔を覗き込むが、やっぱり寝てる。
いい顔してる。

しっぽはとまらない。
そして、足も動き出す。

犬の寝相の良し悪しなど考えたこともないが、
お世辞にもヤツがいいとは思えない。

まるで立ってるのが面倒くさくなって、そのままばったりと
横に倒れたように4本の足を投げ出している。

後ろ足が駆け出した。

夕暮れ時の暖かい海岸で、尾を振りながら一目散に駆け寄って行く。
そんな夢を見てるんだろうな。

しっぽが目の前でさらに揺れる。
駆け出した足は静かになった。

どうやら、お目当ての人にたどり着いたようだ。


僕だといいな。


リンゴの味がする罪悪感と幸福を一口で飲み込んだ後、
スイッチを消した。
テレビもエアコンも、本もライトも。


今度は僕がその夢を観られるように。
[PR]
by chikara_mikado | 2007-02-26 02:38 | ヨミモノ

Imagine there's no colors...

It's so difficult even if you try...

というわけで、今日は面白い話を聞いてまいりました。

まずは、四の五の言わずにタイトルにチャレンジ。
色のない世界を想像してみてください。
どこまでも無色で透明で果てしないイメージで。



・・・


・・・


・・・


どうですか?

出来た人がいたら、イメージを言葉に代えてコメントしてください。
できなかったら、ようこそこっち側へ。



さて、無色透明という言葉も状況もあるっちゃあるこんな世の中だと思います。ポイズン。
でも、無色の向こう・透明の向こうに色付の景色が浮かんで来やしませんか。ポイズン。

空中に造った色のない実体(シャボン玉のような)の向こうは空が、青いイメージが。
頭の中に造り上げたよくわからないソレの向こうは、一面白い世界が。
目を閉じていくらでも考え込んでください、黒い闇がきませんか。
トンネルを抜けたら雪国でした。ポイズン。

色ってのは記号の一種だそうです。
文字や形で表せないものですが、その存在自身が精一杯アピールしてるんでしょうね。

<証明>

色≒記号

そして、色を抜きに思考が成立しない。

故に、我々の思考には記号がついて回る、、、こんな世の中です。ポイズン。
しつこいですか、すみません。

だからなんだと問われれば、困るので放って置いてくれ。
正直、記号も証明もどうでもいいけれど、無色透明の色無しイメージを頭で造ることが
できないってことには吃驚した。四捨五入して30年生きていて一番吃驚した。

さてさて、連日外に出かけてはしょーもないネタを仕入れてきます。
本人はいたって真面目ですが、



そんな私はヒマジンです。



お後がよろしいようで。
[PR]
by chikara_mikado | 2007-02-23 02:10 | 雑記

なんとなく、パーチィー

最近ね、友達の知り合いの誕生日パーティーに御呼ばれしたのですよ。

しかも短い期間で2回。数学的な表現を借りると、連続する二つの日、のような。

一つは、中学の頃からの連れが飲んでるとき時に知り合った30代の女社長。
も一つは、寝技仲間の同郷者 from 九州。
どっちも実際には主役を知らないうえに、同じ週末に催されるという無鉄砲っぷり。

金曜の夕方から飲み始め、次の日の昼に家へ帰り、昼寝して、
土曜の夜から次のへ参加し、日曜の夕方家路に着く。

うん、狂ってる。


まぁ、そんなことはさておきですね。

自分の誕生日に知らん人も誰も彼も集めてパーチー開くって習慣が周りに
あんまりなかったもんで、オノボリサンになってしまいました。
結構はしゃいじゃってたのは内緒。

でも楽しいの。
旅先の恥は知らんぷりの勢いで参加するべし。

女社長は六本木の薄暗い店借り切ってたよ。
金一封の封筒の中身が1センチの世界だよ。
まだバブルは弾けてなかったみたいだよ。

逆に、同年代 from 九州は馴染みやすかった。
飲んで踊って廻って飲んで廻って廻って廻ってまわる~♪
このままずっと走り続けて夢の中・・ take out!(たぶん誰かと誰かが夜の街に・・)
みたいな雰囲気で御座いました。

ま、普段使わない筋肉酷使したもんで、次の日ふくらはぎパンパンでしたが。
その次の日も。その次の次の日も。


今週末そこで知り合った子と飲みに行く方向だそうです。










あんまり誰が誰だか覚えていないよ。暗かったし。
((((;゚Д゚)))) 怖いよママン
[PR]
by chikara_mikado | 2007-02-21 23:31 | 雑記

おもいでをうり、おもかげをかう。

御影(おもかげ)という身代わりのお守りがあるそうです。
巣鴨に売ってるそうです。
風邪引いたときに飲むと、効果があるそうです。
タンスの角に小指をぶつけたときも効果がありますか?


2月13日は、日本とチェコの国交回復の書類を調印したとかなんとかの記念日で、
しかも今年は50周年にあたるのです。

というわけで、チェコの大統領・クラウスさんが来日中なのです。
早稲田大学で博士号とか貰っちゃうと。松濤館(空手)の八段とかも貰っちゃうと。

会場に着いて、入り口のとこに突っ立ってた
パイプふかしのおじさんに声をかけたら、向こうの外相でした。ビビッタ。

ついでに帝国ホテルで開かれた大統領の来日レセプション的なものにも
何の因果か、顔を出してきました。

今日は早稲田の入試日。

受験に来た学生に加え、よくわからない外国人と警護のSPが入り混じり
ちょっとだけ阿鼻叫喚。

ある情報筋によると、クラウス大統領は真の空手家ではないとのこと。
名誉黒帯的なものみたい。
それじゃあ、これだけは言わせてもらいたい。







「稽古シロ」
[PR]
by chikara_mikado | 2007-02-14 02:12 | チェコのこと