<   2008年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

犬袋

いやぁ、ご無沙汰していました。
ここプラハもすっかり暖かくなりました。

24時間営業のトラムがあるので、健全に夜遊びしている毎日です。
こっちは夜9時でも明るいので、必然的にスタートが10時とかになるわけです。

ううむ。早く帰るのは野暮です。

-------------------------------------------------------------

さて、犬袋。

と言いましても、こんなのじゃないです。
a0013368_1244047.jpg

今ここで少しばかり触れたいのは、犬の落とし物袋。
てっとり早く言やウンコ袋です。

ヨーロッパの都市には、街のいたる所に
犬用のウンコ袋が設置されているのです。

公演や散歩道はもとより、繁華街しかり。
a0013368_0524543.jpg


表に印刷されている犬のデザインが多岐にわたり、
素材も紙やビニールで、色もカラフルと
妙なものに惹かれた僕は、旅先で取り憑かれたように

「例の袋はどこかねー。犬袋はどこにあるのかねー。」

と、呟きながら街を徘徊しているのであります。


プラハという街は、いくつかの地区に分かれています。
1区は、プラハ城から街の中心へと広がり、
2区は、ブルタヴァ川の内側、市街地で、
3区は、学生の街、安くて安い物件が並びます。

ちなみに私は広域地図の中心点から北限に向かって上昇、地図にギリギリ載ってんのか、
というプラハ8区に住んでおります。

年々これらの地区は増えていて、所持している地図には15区まで、
風の噂ではすでに20数区、大使館関係者に聞いてもズバリッな答えは
返ってきませんでした。

なぜ、こんな話かと言いますと・・・

この犬袋、どうやら地区ごとにデザインが違うみたいなんですねー。
面白いですねー、凝ってますねー、メンドクセー。
プラハは紙製が主流の様子。

a0013368_1164557.jpg

a0013368_1174960.jpg

そして、スコップ付きという至れり尽くせりなサービス。
むしろこのサービス精神はレストランで欲しい。


ところで、チェコは犬天国。
地下鉄もバスもトラムも我が物顔でお犬様が乗ってきます。
犬とともに学校に通う飼い主も。
しかしどの子もしっかりと躾られていて、
なかなかの紳士淑女ぷりです。

”飼う”というよりも、”共同生活をする”って感じが、とてもよいです。


他の都市にもありました。

スイス、ジュネーブ
a0013368_1341662.jpg

スイス、チューリッヒ
a0013368_136122.jpg

ハンガリー、ブダペスト
a0013368_1353253.jpg

ポーランド、クラコフ
a0013368_1365944.jpg


そしてチェコ第2の都市、ブルノ!
a0013368_1385255.jpg

やべっ、上下逆だった。
いやそんなんどうでもいいし、てゆかナニコレ。
[PR]
by chikara_mikado | 2008-05-25 01:43 | チェコのこと