<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

もののけ

屋久島行ってきました。

新幹線では駅弁とお茶と昼寝というなんともレトロな旅風情。
夏休みを楽しむ家族と小うるさい餓鬼を生暖かい目で見守っていました。

途中、鹿児島で黒豚しゃぶしゃぶ。
日本の食卓はなんて贅沢なの。
飯と対比して、宿泊場所は漫画喫茶ですが。

止まらなくなった僕は、給仕のお姉さんに、
「肉ください 白いご飯と 肉ください」などと、
風流にも字余り。欲望がはみ出ている。
a0013368_16162138.jpg

写真を撮ることを思い出した頃には、もはや肉は。


さて、屋久島着。バスで1時間南下。
a0013368_1618533.jpg


この日の前半はシーカヤックです。
沖に向かってどんどん進みます。
オイラ泳げないのに。

久しぶりに胸が高鳴りました。
転覆したらきっと海の藻屑。ウミガメのえさ。

でも、手を伸ばせばすぐそこに海面。
あまりに近くて、そしてそれは、あまりに透明で、
目を逸らすと人の手が入っていない山々が。
a0013368_16372976.jpg

古くから山岳信仰の島だった、という話を聞いてはいたものの、
島民ではない自分まで守ってくれている、その寛大さにちょっと涙。

お陰で後ろに乗ってる奴に、漕ぐふりして水をかける余裕が生まれる始末。


宿に着いたのは午後6時過ぎ。
a0013368_163906.jpg

ここで一つ、あり得ない出会いが。
旅人は、すれ違った人に気持ち良く挨拶ってのが標準装備。タブン。
で、眼鏡かけたひげのオッサンと風呂場付近ですれ違ったので声をかけた。

「ちわーす。」「あ、どーも」

む、誰かに似ているぞ。思い出せん。

夕飯時、宿はユ-スホステルで大広間にて皆でガヤガヤ食事。
おまけかつメインな一品を貰うために、部屋と名前を告げる。

ひげ眼鏡のダンディが自分の名を告げていた。

「どうも、○○です。」

あああ、そうだ。
高校の美術の先生だ。

「先生!覚えてますか!?」

「いや、知らん」

「え、いや、ちょっと。ほら、卒業制作で木刀(鞘付き)作ったアイツですよ」

「おぉぉ、お前か!」

8年ぶり。

先生は家族で旅行に来てるようだ。
娘2人はなかなか可愛いぞ。



そんなこんなで就寝。
したのも束の間、朝3時起床。


なめていた。


縄文杉なんざ、ぶらぶらと1~2時間散歩がてら見に行くもんだと思っていた。
午前5時、登山口より出発。



そこから5時間。

山道登りっぱなし。

ないわー。
a0013368_16422849.jpg

ようやくたどり着いたけれど、樹齢4000年だか7000年の
杉のマイナスイオンはなかなかの癒し。

でも、往復22キロ。
これから行く人は覚悟すべし。



次の日、疲れをとるために(主に目の保養)、男女混浴の海中温泉に
行ったのだけれど、ひどい坂道と裸のおばちゃんのお陰で、
余計にクラッときたのは内緒。
a0013368_1646833.jpg



屋久島は本土から移住してくる若者が多いんだと。
自然に魅せられた人達が、自分のしたいことや居たい場所を
求めて引っ越してきて、それを実現させてるってのは、ちょっといい。


最近の疲れている人たちにも、そんな時期があっていいのに。
[PR]
by chikara_mikado | 2008-08-28 16:15 | 旅行

DPRK

これでもかっていうくらい遊び呆けた1ヶ月でした。
ちょっとくらい生産的なこと始めないと。

暫定的ですがプラハには10月の初め頃戻ることにしました。
今、家探し中です。

僕をチェコに送り出した大使館の書記官と会ったところ、
もう少し肩の力を抜いて気楽にやったらどうだと、
気の抜けるアドバイスを貰ったので、その通り気が抜けました。
だいぶ楽になりました。

後1年、来年の夏までもうひと踏ん張りですな。

----------------------------------------------------------------------

ところで彼は、現在北朝鮮に赴任しています。
「外交やら国際状況やらを勉強するのにうってつけの国だ!」と。

そんな彼がお土産に持ってきてくれたのは・・・

a0013368_19243246.jpg


a0013368_19256100.jpg


メイド イン ノースコリアのマグカップ。
あの国のものを外国人が手に入れる機会はなかなかないです。
しかしまぁ、このしょぼさはたまりませんが。

DPRKというのは、Democratic People's Republic of Korea の略で、
朝鮮民主主義人民共和国が漢字表記になりますが、
どこらへんが民主主義なのか小1時間問い詰めたい。

プラハ滞在話をするつもりで会ったのに、
北朝鮮滞在話で盛り上がる2時間。
メディアはこんなにも情報操作されてんのか(してんのか)、
という嘆きと驚きと怒りと無関心でした。



オリンピックも終わり、
中国やらあそこらへんの動きが心配ですね。
[PR]
by chikara_mikado | 2008-08-25 19:25 | 雑記

夏休み

ということで、一時帰国中です。

昨日帰ってきました。
プラハ→ナポリ→ローマ→グッビオ(ペルージャ近くの小さな町)→家。

グッビオのホテルから自分の部屋までドアtoドアで32時間かかりました。
地球の反対側いけそう。

プラハでの公演を無事終えて、後始末に追われつつの帰国だったので、
という言い訳で文章書く暇がありませんでした。ごめんちゃい。

また、ゆっくり書こうかと思いますが、
イタリアでクスリとした写真たちをちょこっと載せてみます。

---------------------------------------------------------------------

まずは、ナポリ。

この街は交通ルールがないみたいです。
四方八方から車が突っ込んできて、その隙間をバイクが走り、余ってる空間を人が歩く。
みんなグリングリン動いてる。

当然、ヘルメットなんてしない。
a0013368_7222576.jpg

3人でも無問題。
a0013368_7225398.jpg



近くにあるポンペイに行きました。
あれです、社会科の教科書に出てる有名な遺跡。
火山の噴火で一瞬にして消えた古代の大都市。

たたずむ犬。
a0013368_7241624.jpg

おい。
a0013368_7244222.jpg

こらぁぁぁぁ。
世界遺産でなんて大胆なことを。
a0013368_725665.jpg

その横で、幸せな寝顔。
a0013368_725307.jpg

あまりの自由っぷりに頭を抱える火砕流に飲まれた人。
a0013368_7262468.jpg


グッビオにて。

パンツの脱げそうなマネキンを見つけ、
嬉々として写真を撮る僕を、アイスを食べながら見ない振りする同行人。
a0013368_727587.jpg




イタリアってのはおもしろいとこですね。
それじゃまた。
[PR]
by chikara_mikado | 2008-08-01 07:29 | 旅行