<   2009年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

純和風ご飯

4月の初めにね、デンマーク行ってきたんですよ。

釣りに。





ところで、ぼくはたらこが好きなんです。

たらこ~たらこ~たらこ~たらこ~♪

炊きたてご飯に半生タラコ!味噌汁!
世の中にこんなんまいもんが他にあるかと!




そんなわけで、日本からやってくる客人がお情けで施しをくれるっつーもんですから、
いつだってワタクシはエスビーのたらこスパ(混ぜるだけ)を頼むんです。
a0013368_6213352.jpg

こだわりの逸品。

持ってきてくれた人数は、片手を優に超え、足の指も必要になりそうな勢い。



が、ここのところ補給が途切れていたため、

俺の体はたらこ欠乏症。
そんな爆弾抱えて釣行。
危険極まりないこの状況。
なのに天気は良好。
車の調子は最高。
高速150キロで走行。
道はずっと単調。
そろそろ昼寝が必要。

とかエミネムしてたら、目的地に着いてました。
あー、はずかしい。

全部で6日間の旅路なんですが、1個1個書いてる暇がないので、
ちょこりちょこりとピックアップしていきます。


1つ目


シートラウトと呼ばれる海の鱒を狙います。

--------------------------------------------------------------------


少し講釈をたれますと、鱒に仲間には同じ魚種にもかかわらず、
河川で一生を過ごすものと海に降りるものがいます。

例えば、渓流で大人気、みんなからナンパされて大変な山女さんと、
しつこい勧誘が嫌で海に逃げ出した桜さん。

ヤマメ(陸封型)≒サクラマス(降海型)

それから、

イワナ (陸)≒ アメマス(イワナの亜種で降海したもの)

アマゴ(陸) ≒ サツキマス(海)

そして、今回のターゲット、

ブラウントラウト(陸)≒ シートラウト(降)

----------------------------------------------------------------------

こいつらとは海の中に立ち入って、フライやらルアーやらで戦います。
朝から冷たい北の海に腰までつかって、ひたすら反復運動。

2日間にわたる早朝の海水浴では、残念ながら、
はるか左隣のお兄さんの竿がしなっただけでした。
a0013368_6223792.jpg



2つ目


デンマークの物価は異常です。

街の中の表示価格(数字そのもの)はチェコとさほど変わりません。

例えば、

ビールを1杯頼むと30~40デンマーク・クローネ。
中華レストランでランチメニューを頼むと80~90クローネ。
コーラのでっかいボトルが25クローネ。
M&Mの大きめパッケージ2つ買ったら50クローネでした。

1チェコ・クラウン≒5円
1デンマーク・クローネ≒17円です。

単純に考えて、チェコの3倍以上ですねぇ~。
チェコ2袋チョコ2袋で850円って、お前ふざけんなよ。


そんなわけで、食料は我らがチェコから持ち込みです。


今回の釣行も、前回のボスニア釣行と同じ、プラハの裏番長と二人です。
彼が、ありったけのチェコ的食い物とビールを車に積んでくれました。

サラミにサラミにサラミにチーズ、そしてチーズにパンにパンとパン。

魚が釣れないと、毎日3食メニューが同じになってしまいます。
そろそろサラミとチーズの組み合わせも全部攻略済みです。

シートラウトに振られた午後は、桟橋から小物を狙うことにしました。
とりあえず晩御飯を確保せねば。

師匠、ありがとうございます。
これで、今晩はタンパク質食べられますね。
a0013368_6242793.jpg



3つ目

気を取り直して本来の目的である舟釣りです。
対象魚はニシンとタラ。

さて、北の海で魚群を乱獲。
ニシン御殿を建てましょう。

ほっほっほ。

面白いように釣れます。


しばらくすると飽きっぽい自分のことですから、
他の魚が釣りたくなります。

ニシンの数に比べるとタラはかなりレアな様子。
船全体でもつ抜けしてないようです。


「つぬけ」

目的魚を10匹以上釣った事を言う。
日本の数の数え方で、一つ・二つ・三つ・四つ・五つ・六つ・七つ・八つ・九つと、
9まではつが付くが、10以上からつが抜けると言う意味でつ抜けと言うようになった。

船で最初のタラをゲット。
この日はこいつが最初で最後でした。
a0013368_6461176.jpg


舟釣り2日目。


今日も昨日とおなじ、ニシンとタラ。
面白いようにニシンが釣れ、すぐに飽きる僕。

ひたすら我慢の時。
いっくらとなりでおっちゃんが楽しそうにニシン釣ってたって、
オイラは鱈ちゃんオンリー。
a0013368_6394716.jpg

そして、ついに待望の1匹。
昨日よりもでかい!


そして、鮮度を保つため船の上でさばくと・・・



4つ目


腹の中から、

た~ら~こ~、た~ら~こ~、たらこ~。


そんなわけで、ぼくのりせいはどっかにぶっとび、
このたらこをどうするかというのがぼくのさいだいのかだいとなったのです。

だって、たらこといったって、このままじゃたべられないし、
あのほかほかごはんにのせるとおいしいたらこはどうやってつくるの?

そうだ、ししょうにきいてみよう。

「知らん!」

さて、正気に戻った私めは、プラハの自宅に着くや否やインターネッツ。

「たらこ 作り方」「おいしい たらこ 作り方」

「ご飯 たらこ 画像」「本場 たらこ うまい」

などと、あらん限りの知恵を振り絞り検索ワードを設定。

検索!検索!検索!


ちょっと我流に手順を変えましたが、ここでたらこの作り方講座。

①まずは、水分を抜くために塩漬けにします。
たらこが塩に完全に埋まるくらい。2~3時間ほど冷蔵庫で放置。

②次に、500mlに塩150gくらいを溶かした塩水で、塩抜きします。
12時間くらい、冷蔵庫で放置。

③キッチンペーパーをしいて、最後の水分調整。
これまた冷蔵庫で一晩寝かします。

なんか、意外と簡単・・?

で、完成はこちら!
a0013368_6495488.jpg



5つ目


まさか、食べたい食べたいと言っていたタラコを一から自分で作る羽目になるとは露知らず。

一からって言ったって、あんた、
釣り針に餌をつけるとこからですよ?

で、釣りあげて、腹開けてもらって、タラコとって、ビニールにくるんで、気を使って、
運転して、プラハもって帰ってきて、ネットで調べて、塩かけて、冷蔵庫の前で待って・・・

もう感激。

鰊はひらいて、醤油とみりんに漬けて、干して、焼いて。
鱈はムニエル夫人。

デンマークから戻って以来、食卓の満足度が高いこと、高いこと。
まだ冷凍庫に眠るニシンの小山、あっというまに制覇することになるであろう。

a0013368_6512561.jpg

[PR]
by chikara_mikado | 2009-04-23 06:53 | 旅行