アメリカ人はショックだったに違いない。

だって、冥王星が惑星じゃなくなっちゃったのですよ。
12個になるかと思いきや削減で8個に。

注:冥王星が世に出たのは、パーシヴァル・ローウェルさんの存在予想と
   クライド・トンボーくんの発見によるもので、両方アメ人なわけですよ。
   意味がわからん、とご指摘がありましたもので。

理科嫌いな小学生が大喜び。


最近ですね、ロッククライミング、始めました。

一口にクライミングといっても、色々あるようで。

紐つけて目もくらむような高さを登る人や、
紐つけないで同じような崖を登るバカもいれば、
手ごろな岩を超える岩登りやら。

で、小さい頃から高いところやなんかに登るのが好きだったボクからしてみれば、
どうして今までやらなかったのかと、首を傾げるばかり。

んでもそういや、ことあるごとに崖とか岩とか木とかマンションとか、登ってた罠。
ってことで、素人のくせに意外と登る憎い奴というポジションに居ます。

まずは、紐なしで人口壁をそこそこの高さまで登る、ってのが目標です。
俗に言うボルダリングですね。

改めてふと思いましたが、やってるスポーツが寝技とクライミング。
微妙過ぎ・・(;´д`)
そういや卓球もイケルクチだし・・

朝一番から寂しい気持ち。
寝よっと。
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-08-25 08:19

水金地火木土天海冥

さて、なにやら難い話題です。

チェコはプラハで開かれております、国際天文学連合(IAU)総会。

太陽系で惑星と認定されてるのは1930年発見の冥王星までの9個なんだけど、
近年、 新天体の発見が相次いで、定義の見直しを迫られてたんだそうです。

これ、もし新定義の採用とかってなると、
水金地火木土天海冥に、「2003UB313」、「セレス」、「カロン」が加わることに。
さすが、ニュータイプは名前が洒落てやがる。

でもちょっと野菜っぽい。

セレス
カロン
セロリ
パセリ
アロエ

新定義の採決は現地時間24日午後の予定で、
承認されれば、世界中の教科書が書き換えられるってよ。

どんな和名になるかな・・
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-08-18 03:00 | チェコのこと

銀行強盗

一昨昨日さ、家の近くの銀行に強盗来たんだよね。
自転車で3分のとこ。

暑い日だったなぁ。
午後の1時過ぎだったから、もう外を3歩進むとヘロへロだわな、これ。

出掛けにちらっと見たら、踊る大走査線ばりのパトカーバリケード。
お巡りさん、犯人に発砲しちゃって、しかも当たっちゃったりなんかして。

でも犯人の武器はね、
サバイバルナイフとペットボトル爆弾風味。
後にお茶だったと判明したそうですが。

あんたそれ、自爆覚悟をアピールなの・・?
いやむしろ、飲料用に爆弾って書いた紙貼り付けただけだろ。
と、小一時間問い詰めたい。

どうやら韓国人が犯人で、夏に負けて狂ったんだか、元々狂ってるのかはさて置き、
ご利用は計画的に、ってとこ復唱が必要だよね。


ま、それはさておき。

ようやく夏本番か!

と思いきや今度は気の早い台風一家のお出ましですよ。
7号8号9号の一過3兄弟。雨ばっか。
やれやれ不愉快を齎すのは、亀3兄弟だけじゃないのかよ。

イライラスル。

早く西瓜バーがおいしい季節になってくれ。
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-08-13 04:58 | 雑記

フョードル・ミハイロビッチ

今日は暑いね。

ようやく夏を実感できた。
もう八月ダケド・・

このまえ、ちょいと心の内面を吐露してみたりなんかした、くだらねぇ記事から
もう2週間以上ですか。時の移ろいはいと速し、ですな。
特にこれといった進展もなく、夏本番。

日経が、社員のインサイダー隠しに昭和天皇使ったり、
東京ブロードキャスティングシステムが、
19歳ボクサーとその取り巻きをヨイショしてみたり、
キムがミサイル撃ってきたり。

世の中が混沌としてますね。
白くても黒と言われたら信じてしまう人、増えてますね。

これって、あれ、大宅壮一の言ってた1億総白痴化の始まり・・?

ま、いいや。

皆で物事の裏にある真理を見分けられるようになりましょうよ。

あれれ、これもなんだか、どこぞの宗教団体の売り文句みたい。

どーなってんだ。
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-08-05 19:50 | 雑記

発見

最近ちょいと気になる子と酒を飲んで気分がいい帰り道すがら、
夕顔が咲いていたのを発見。

一昨日ぐらいかな、その子と電話するのに夜中ついつい外へ出ちゃう自分、
自己評価するに、中学生の恋愛沙汰レベル。

でも、家の近所で見慣れない向日葵を発見。
3匹咲いてたんだけど、こいつらの自己主張といったら気持ちいい。

全員別の方向になんかを訴えてる。

夕顔も向日葵も、追われる日常生活の中じゃ見つけられなかっただろうな。

気になる子できたのも、もう丸5年ぶりくらいなわけで、
どんな感情だったか忘れそうだけど、なにかに気づけるゆとりを貰っちゃって。
ちょいと気合入れて口説きたい気分で、頭が揺れる。

ま、そんなこんなで久方ぶりに楽しい毎日を送っているわけです。

酔っ払いの戯言でした。
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-07-17 02:09 | 雑記

カルロヴィ・ヴァリ

今回の渡欧はいい経験になりました。

でもね、あっちは毎日暑すぎるのですよ。
連日35度とかで、メトロやトラムに乗るオッチャンは上半身裸。
隣に貴婦人風を連れて優雅に犬の散歩してるのに、オッチャンだけ短パンしか穿いてないとか。

ま、いいや。

大きく分けて2つの祭りに関わってきました。

「Smetana's Litomysl international opera festival」と
「Karlovy Vary international film festival」。

一個目、略して訳してスメタナ音楽祭

プラハから車で東に2時間。
リトミシュルって都市がありまして、そこのリトミシュル城は世界遺産。
音楽家ベドジフ・スメタナの生まれたとこでもあります。
毎年6月半ばから7月の初めに行われる、わりと古い歴史のある音楽祭だそうで。
今年で48回目。

知り合いのソプラノ歌手がこの音楽祭にゲストとして招かれたので、日本から見に行くお客さんの水先案内人のようなものから、その人の相談役・話し相手的なものまでのお勤め。
自主企画のツアーっぽかったけれど、可愛い娘さんがいたので、始終楽しかった。
帰る日が違ったけど、番号聞いといたので飲みに行ってくるニダ。(゚д゚)ウマー

コンサートは大成功、つか吃驚仰天。チェコ人総立ち。
みんなスタンディングオベーションしてた。
次の日の2回目のコンサートなんかは、泣いてる人いたらしい。
こんな経験生まれて初めてだって言ってたなぁ、寝ててゴメンナサイ(つД`)


で、二個目。カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭、こっちが本命。

今度はプラハから車で西に2時間の温泉地。
その名の通り、町全体が谷に納まってる感じ。
中腹にもホテルやら家やらがひっそりと建っていて、落ち着いてる町並み。
一番栄えているのは谷底の川沿いで、古い劇場やら教会、高級ホテルにレストラン。
んでも、なぜかうまく調和が取れている。近代的な建物はほとんどないからかなぁ。
東欧最大の映画祭で、こちらも歴史は深く今年で41回目。

プラハで一通り用事を済ませた後、この映画祭に参加したのだけれど、もう最高ね。
Film Industry という映画関係者枠でID貰えたので、毎日4枚の指定チケットを格安で入手。
一本映画観て、次までの待ち時間にビール片手にソーセージ食って、感想を語り合う。
で、次の観て、ビール片手に・・
それの繰り返しで一日が過ぎていく。

映画好きにはたまらんね。

ヨーロッパを中心に世界中から人が集まり、やたら盛り上がる毎日。
学生達も多く、彼らは安いパスを買って開始ギリギリの時間まで並んで待つスタイル。
それを尻目に指定席に座る優越感も手伝ってか、どこの劇場に行っても館内の雰囲気に
居心地のよさを感じる。

全部で10箇所を越える上映会場があって、
あるところはホテルの大劇場、もしくはロビーに特大のスクリーンを設営し、
椅子を並べた即席の劇場。そのくせ、天井が異様に高くどっかの城みたいだったり。
古くからの劇場で3階まで客席があり、
横っちょは貴族席(4つぐらいの席がある個室みたいの)つきの荘厳なのとか。
ま、ちっこいホールもどこもかしこも、町全体で自分達が
映画祭を盛り上げてるんだって自覚してるみたいな意識の高さ。

ついでに、来てるお客さんも目が肥えてるというのか、
つまんない映画だとさっさと途中で席を立ってしまう。
配給会社から買い付けに来てる人とかも多くて、
ある意味当然なのかもしれないけど・・

カンヌ、ベルリンの映画祭での受賞作品とかもこっちに出てた。
今年のカンヌのグランプリは、正直酷かった。最初の30分でかなりの人数が席を立ってたし。
日本で見るなら370円以上出したくない。フランスの「Flandres」という奴。

そういや日本からも出品してたみたい。
三億円事件の恋愛モノ「初恋」と「ゆれる」とあとなんかもう一個。
興味なしだったんでスルー。

でも、いいラストを迎えるとクレジットが流れ落ちるまで拍手が鳴り止まないなんてことも。
なんかみんな自分に素直で、その場の雰囲気に鳥肌が立つ。どこもかしこもそう。
でも、立って拍手してた人は、実際に自分が見た映画ではいなかったかな・・

映画祭開始から先に現地入りしている知り合い曰く、今年は不作だったようです。
彼はもうこの映画祭の10年選手。毎年毎年休暇と実益を兼ねて嬉々として来ています。
最終日の夜は、オッサンと若者のという男二人のコンビでちょっと粋なレストランに出向き、
グラスの重なる軽い音を響かせてました。
普段食べなれない鴨の肝臓だか腎臓だか胆嚢に赤ワイン。

オイラ、来年もまた来たくなったぜよ。
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-07-12 01:29 | チェコのこと

梅雨だもんよ

こうジメジメしてちゃね、そりゃモノを書こうって気がおきませんや。
というわけで、梅雨から避難すべくヨーロッパへ出かけてまいります。

まぁ、お決まりのチェコですが。
で、でも今回は、一応仕事として行く事に。所謂一つの出張ですよ。

6/24発の7/10帰国ですから、帰ってきたら梅雨明けの青空が、こう、パーッと。
というわけで、今週先週の他愛無い出来事を綴ってみます。


先々週は、高校の同窓会がありました。
まずは0次会と称して、担任の家に集合。
以前に見たときはまぁ大人しい赤ん坊だった長男は、4歳の独裁者になってました。
しかも色好み。自分の6倍は生きていようかという女を部屋に連れ込んでは怪しい笑い声が。

その後、1次会として銀座に繰り出します。
思えば、このセンセイと一緒に酒を飲んだのは初めてじゃなかろうか。
なんか、きちっと働きたかったら、旦那の会社に入れてくれるという、
有り難きお言葉まで頂戴しました。

卒業して、6年も経とうかとしているのに20数名も集まったんですよ。
幹事もセンセもやりますなぁ。


鎌倉武道館で毎週行ってる格闘技の練習会もだいぶ形が整ってきました。
寝技だけじゃなくて、立ち技も混ぜて、最後は気合と根性だけで乗り切る
虐めのような筋トレまでも付属。
ミットやグローブも買い揃える用意周到っぷりです。

まぁ、練習内容も大事だけれど、一番はやっぱり、一緒にやってる連中でしょう。
これがまぁみんな気持ちいい奴らばっかりなので、毎週中々に楽しみなんですねぇ。
次回以降3週連続欠勤なんで、若干肩身が狭いですけど。


週末に遊ぶわりと仲の良いお姉さんがいたんですよ。
知り合ってからまだ日は浅く、ここ2ヶ月ぐらいで。
お互いを利用し合う、ちょっと汚めのいい関係だったんですがね。

で、まぁそれが最近切れた、と。
困ったもんだが、ある意味他愛無い出来事だ、と。

こうなった今、夏に向けて、色白細身知的美女を探し出し、
一緒に、「朝まで生テレビ」とか「サンデープロジェクト」を見ながら、
熱い議論を交わしたいという野望を持つ今日この頃也。
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-06-21 00:11 | 雑記

日比谷公園の青空ビアガーデン

先日のこと。

「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」 なるものの記者会見に行ってきました。プレスとして。
一応、自分達の映画祭の記者会見をどんな雰囲気にするか参考にってコトで。

話の本題はこちらなんですが、その手配をしてくれたKさんと記者会見後、日比谷公園の
ドイツビールフェスタで飲んでいたときのことです。

ドイツ戦は生で見てましたが、夜中にヘッドホンで一人でも、
ゴールの瞬間に奇声を発っするハッスルぶり。二回とも。オゥッフ。ゥオッシャィ。みたいな。

といった風に、そのビールフェスタは完全に便乗商売ですが、
ケストリツァーなる黒ビールもつまみのソーセージも旨かったのでよし。

大分脱線しました。

そのちょっと早めな青空ビアホールでおかわりを頼みに行こうとした時、
後ろに座ったオッサンから声をかけられました。

彼の名前はマーク。

我々がグラスやジョッキでドイツビールを楽しむ横で、アサヒの缶生ではじめた、
少しばかり堅実な59歳カリフォルニア人。日差しは強くないけどグラサンがきまっています。

たまたま声をかけた日本人が、両方ともカルフォルニアに縁があり、
Kさんはその地の市民権を持っているという偶然に熱くなるマーク。

アポロ13やらサンダーバードで会話が弾むオッサン2人を肴に黒ビールを嗜む僕。

夏を先取ったアロハシャツでジョッキを空けるKさん。

59歳マークに26歳の彼女、46歳Kさんに24歳の彼女。24歳ワタクシ現在独り者。
そんな事実になんだかやけっぱちになっている僕。

ま、そんなこんなで会話が弾むうち、出てきました。政治と思想の話題が。

マークも3.4本空けて、気持ちよくなってるせいか、大分過激に発言します。

「ブッシュは史上最悪だ、イディオットだ。小泉はそんな奴に振り回されちゃいかん」
「つーか、日本人は政治になんで参加しないのさ、愚かだ」
「ベトナム戦争に参加した教訓から、戦争は大反対だぜ。イラクは完全に間違いだ」
「親父は海軍大佐なんだが、山本五十六は手強かったって言ってた」

ちなみに会話の8割は日本語で形成されています。
もう日本に10年くらい滞在してるらしく、かなり流暢な日本語を話します。
でも酔って熱くなったときだけ、やっぱり英語が出る。

「 ヤンガーワイフはロンガーライフ デショー」

彼は恐らくかなりのインテリなんでしょう。いやほんと。
彼の親がまさに日本と戦っていた世代なのに、冷静にその戦争の評価を下し、
単に憎悪の感情を持つということはなく、何が原因で、どこに問題があったか、
自分の意見を持っていました。

さて、ちょっと角度を変えて見てみると、少し奇妙な感じがしませんか。

世界を見回しても、原爆を落とした戦勝国と落とされた敗戦国の人間が60年で
仲良くその戦争を評価しあう、ついでにお互いの政治観まで意見交換しちゃう。
そんな関係を保つ国同士はありません。

挙句の果てに、初対面です。というか変な三人組かもしれん。

アジアの反日国家、といっても3つだけ、てゆかアジアの冠外しても3つだけ、の指導者達も
もう少しこう仲良くできないもんかと、アメリカ人と話しながらも考えてしまいました。

そんなわけで、たまにですが連絡を取り合うことに。

今回のことで得た新しいコトは2つ。

外国の人(戦ったことがある国の人)とその話題について議論するという体験。
ふと後ろに座ったオッチャンの中には、豪く話が合う人もいるってこと。

ちなみに3時間余りも話して、ついにマークが席を立った後、次に座ったのは
日本の会社員団塊3人組でした。

うん、ひどい。

3人組の会話を盗み聞きしたら、高揚した気分が醒めたので
ちょっとだけ寂しく家路につきました。

年とったら、若い奴らに尊敬されつつ愛される、カクイイオッサンになりたいぜ・・
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-06-01 04:28 | 雑記

案の定

知っていたんだ、わかりすぎるくらいに。
もうすでに飽き始めている。

ただまぁ、「熱心に更新している自分」ってのに飽きただけで、
「ダラダラ更新してるオイラ」ってのは、まだ気持ち十分。

さて、ここ何日かで起こったことをまとめてみる。

・映画祭の正式名称が「Czech-Japan Film Festival 2006」になり、名刺も完成。
 まぁ、デザインも印刷も自前ですけど。
 これで、世間の冷たい視線から少しは解放されるとよいのぅ。

・大分長い間ほったらかしにしていた、寝技の練習場所を地元に発見。
 ニーチェを愛する格闘家と人妻を愛する練習生と共に、これから鍛え上げていきます。
 インターネッツを介して知り合ったわけなんですが、なんか良い人ばっかなわけです。
 日常生活での接点はほとんどないから、今の世の中の流行のおかげ。
 哲学的な会話が弾む、弾んじゃう。これってある意味、奇蹟。

・頓挫していた7月の渡欧なんですが、やっぱり行くことになりそう。

・無理やり頭を捻っても、こんぐらいしか出来事がない(;´д`)



そういえば、映画検定なるものができたらしいですね。


Q 「君の瞳に乾杯」と関連のある映画は以下のうちどれか?
 
1. 風と共に去りぬ 2. カサブランカ 3. シェーン 4.ある愛の詩

みたいな質問が続いて、4級→3級→2級→1級となるそうです。
キネマ旬報の金儲け大作戦か!?っつーくらい、大衆的です。

でも興味あり。

でも、1級持ってるだけで外資の大手に就職が決まるかといえば・・
それじゃ映画業界には通じるのかといっても・・

あくまで趣味の資格のようでござる。

でも興味あり。




 
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-05-17 17:34 | 雑記

杉原千畝

私の行動パターンを指す言葉として、単純ではありながらも本質を突いたものがあります。
曰く、「熱しやすく冷めやすい」。
大体4.5日もすれば大抵のことは飽きが来て、段々と遠のいてゆきます。

「千畝」 読めますか?

今度は少しばかり方向性を変えて、偉人系で攻めてみます。

日本のシンドラーと言われる人




ところで今日は、親族の集まりに顔を出してきました。

遠くに暮らす祖父の兄弟が、血族の契りの証として、1年に1回くらいは
葬式や法事以外で親戚一同が集まる会を作りたいと、激しく主張したため
なんだかややこしい会合が開かれたわけです。

従兄弟が多数集まるその場では、20数年も生きてきて、
初めて会ったオッチャンとかもいましたが、

「ハハァ、ナルホド」と。

近いようで遠いんだけどやっぱり近い親族の繋がりみたいなものを、
物心ついてやっとこさ実感してみたりなんかして。

ま、たまにはこういう集いもいいかなと。
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-05-07 03:19 | ちょっとイイ歴史

ワルシャワワ

はい。

そんなわけで、年に一度あるかないかの、非常に密度の高い更新週間になってます。

つい先日のこと、ひょんなことから連絡を取り合うことになった
高校の同級生がですね、ポーランドに留学したんですよ。
出発のつい1週間前だとかに、その事実を知り、いい偶然だったなぁと。

敬愛するピアニストの生地だそうで、1年以上も留まる覚悟だそうです。
何気にチェコの隣国だし、もしかしたらどっかで接点が生まれるかも・・


と、それはそれで、ポーランドについて少し調べていたらですね。
昨日に引き続き、隠されたちょっといい歴史、ハケン。

いや別に誰かが意図的に隠したもんじゃないわけですが、
本当はこういう事柄こそ教科書に載せていただきたいもんですな。

じゃ、ご賞味あれ。

大和心とポーランド魂

ちょっとこの類のFlashと出来事を集めたいなとか、思い始めますた。
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-05-05 00:11 | ちょっとイイ歴史

アンカララ

ゴールデンウィィィィィィー!!!!11

盛り上がってない人が夜更けに無理やり叫んでみました。そんな時間ですよ。

Wikipediaってのをご存知でしょうか。
人・物・事を説明するwebの百科事典のようなものなんですが、
出てくる単語の多くが直リンになっていて、気になる単語から直接その説明のページに
飛べるという優れものなわけです。

最近の自分の流行の中に、結構硬派なヒト・モノ・コトをこのwikipediaで調べて、
そこに載ってる気になる単語をまたさらに調べ上げる。
                 ↓
んで、歴史やら偉大なる人物、はたまた芸術やら学問、宗教・哲学を含む多くの事象の
説明を見て、ニンマリする。
                 ↓
適度に飽きてきたら、一転、そのページにある単語の中から出来る限り軽薄な物を選び、
「あー、もうめんどくせ」となるまで最後の一足掻き。

夜な夜なそんなことを繰り返しつつ、GWが過ぎていってるわけです。
ダレカアソンデヨヽ(`Д´)ノ

まぁ、黄金比がジャニー喜多川になったりですね、
モナ・リザがカレーライスになったりするわけで、
しかもその行程で色々勉強できちゃうという。

一粒で二度おいしい。


で、前置きはこのくらい。

トルコで停滞していた私はですね、「
日本とトルコ」という、
一つのフラッシュにたどり着きました。

「エルトゥールル号遭難事件」を題材にしたモノなんですが、
出来がなかなかに素晴らしいので是非観てみてください。

あまり公に知られることのない歴史を垣間見るってのは、
ちと気持ちがいいかも・・

んでは。
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-05-04 03:34 | ちょっとイイ歴史

ぱーてい 第三部

※いきなりここから読むと意味不明なので、
お手数ですが2個前から読んでちょ。


私が目星をつけた、その人を少しだけ描写してみます。

年は27くらい、良心的な見方をすればモデルの「りょう」に少し似てます。
色白、細身で長身。酒好きなOLさんだそうです。

さてさて、その後どうゆう結びになったかというのは、
飲みに言ったときにでも本人に直接聞いてください。
こんなとこじゃ書けない出来事もあったりしますから(´ー`)y-~~

そうそう、オイラを置いて帰ったと思っていた友人が実は、
本当にタバコを吸いに行ってただけでした。
というか、1時間も外でタバコ片手にボーっとしてるって、
そんなにあの場所が嫌だったのね・・

そんな彼が、ある出来事を一部始終見ていたんです。

今回の企画のスタッフが何人かの女の子をタクシーに乗せていたようです。
サクラかなと思った人の特徴やら服装やらを伝えたら大当たり。

やっぱりそーゆー場にツキモノですよね。

総合的な感想としては、いい社会勉強になり、普段触れることのない世界へ足を踏み入れ、
軽い男女の魑魅魍魎を味わって、それでも意外と面白かった。ってとこですかね。

なんにせよ、もう二度と参加することはないでしょう・・
人にもお勧めしません。

やはりお金を払って人と出会うってのより、
偶然でも誰かの知り合いでもいいから、自然な出会いってのがいいですな。

今、周りにある自分の人間関係の有り難味をひょんなことから再確認しちゃうという、
よくわかんない教訓を得たところで、この話は終わらせていただきます。


つづかない。
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-05-02 15:16 | ヨミモノ

ぱーてい 第二部

※いきなりここから読むと意味不明なので、
お手数ですが1個前から読んでちょ。


しかしね、女に声をかけるといっても、目ぼしい子は皆さん順番待ち。

と、ここで遅ればせながら、
来ていた女の方々の様子を客観的に伝えてみたいと思う。

大体大まかな感じで40人。
一般的な目で3段階に分けるとして、
A8人・B12人・C20人というイメージ。単純に見た目のみでの話です。

人間にランク付けなんて!という倫理観とかは、この際捨て置きましょう。

Aのうちの半分はサクラのような印象です。
残りのA4人とBの中で良さそうな2.3人と話すことにしました。

といっても、壁際に立つ目的のその子たちの前には先客が。
後ろにもちらほら人影が。

そこでオイラは、まずその子の隣の人に話しかけ、区切られた時間が過ぎるのを待つ。
司会の仕切りなおしの声を待って、目的の隣へと滑り込む。
単純明快な、横入り、という戦略を使うことにしました。

並んでる奴らから文句を言われることはありませんでした。
先に女の前に立ってしまえば、
何か言われても向こうが因縁つけてきてる、
と目の前の商品に悪イメージがつくからでしょうか。

幸い女共は誰が並んでるかなんて気にしちゃいません。
既に倫理観は、捨てました。

第一目標として掲げた7人には届かず、
そのうちの5人と話した時点で、
今行われている自己紹介タイムなるものは終わりを告げました。

さぁ、自由な時間の到来ですね。

その前に、一応自分が自分に対して課した一つの目標というのを書いてみましょう。

それは、「今回のこの時間をゲームとして捉え、自分を評するのに
一切嘘をつかず、なおかつ誰か落とせるか。」というモノでした。

で、先ほど話した5人の中で容姿+話という視点から再評価して、
一番マシ、失礼、ステキな子の元へと向かいました。



どうやら次でまとまりそうです。
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-05-02 01:04 | ヨミモノ

蕎麦とぱーてい。

ふむ。

週末があけましたね。
長い休みにするために今日明日と有給とってる人も多いかもしれませんが、
ご存知のように私は基本的に毎日が夏休みです。

スイマセンスイマセン。

土曜日は、栃木の山奥に蕎麦を食べに行ってました。
他に目的もなく、ただ食べて、帰ってくるというそれだけ。

往復に4時間はかかりました。

が、まぁそれぐらいの価値はあるんじゃないか、という味だったのは事実です。
渓谷の側で営んでいる店なので、山葵はそこらへんから取ってきた天然モノだそうです。


で、東京に戻ってすぐに、例の集まりですよ。

これね、結構書くのに抵抗があるのだけど、いわば出会い目的のパーティ。
声を大にしてこれだけは伝えたいのですが、「イキタイヨーイキタイヨーヽ(`Д´)ノ 」という
友達の付き添いで逝ったのです。

と、それを前提に以後お読みください。

第一部

会場は、新宿のとある高級ホテル。
指定された広間に入った瞬間、その熱気に胸焼けしました。
男女あわせて100人前後が、薄暗い部屋に俄か鮨詰め風味。

しばしの待ち時間の後、なにやらひび割れた司会進行で催しが始まったようです。
ここでは、女はどちらかというと商品扱い。

部屋の壁際に沿って、一列に並ぶ女。
気に入った女のところへ品定めをしに行く男。
愛想笑いと持ち上げで機嫌を取る女。
司会の仕切りで、否応なく、次の女へ移動する男。
可愛い女の後ろに順番待ちで並ぶ男たち。
基本的には品定めしてるつもりでも、必死に自分を売り込む男達。

我武者羅デス。

「ミチノセカイ((((;゚Д゚))))コワイヨー」

そう、我々は3人でいったんです。
この話を持ち出した乗り気な男に丸め込まれたオイラともう一人、という陣形。
彼は、やる気が漲っているように見受けられました。
オイラとも一人は、いわば傍観者。

動き出した参加者達の波を受けて、奴はサーファー気取り、こっち二人は沈没。
彼が一人で狩りに出かけている間、2人でポツーンとしてましたがな。
で、30分が過ぎた頃、ヒイテル片割れが外へタバコを吸いに行ったきり戻ってこない!

更なる30分が過ぎて悟りました。

「アイツニゲヤガッタ・・」

この集まりって、勿論タダじゃないんですね。
幾許かの参加費を取られ、混沌の部屋に送り出される。

辺りを見回すと、乗り気なあの男はなにやら愉快な様子で話をしてる。
いや、むしろそこら中で、楽しげに男女で話してる。

「いや、どうせ楽しげに話している風を装っているのだろう」と、心の声が聞こえる。

しかし、現実問題、嫌なものも目に入る。
はぐれメタルみたいにポツーンとしてる男は、俺が女でも拒否する輩だ。
コイツラと一括りにされて、メタルキングになるのは御免だぜ。

ということで、開始一時間後に、その場用の別の人格を作り上げ、女に声をかける
という作業が始まりました。

つづく。
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-05-01 16:32 | ヨミモノ

THE DOORS

毎日なにやってんだか、ってところですが、
一応それなりには生きてるつもりです。

週末に友に誘われたため怪しげなパーチーに参加してきます。

「パーチーとは男女が出会う場所だ!」
みたいなことを拳を振り上げ熱弁していた彼の姿が今も瞼の裏に焼きついています。
例え遊び半分にしろ、ちょっと怖いです。いや、結構怖いです。

ま、それは追々報告するとして、毎度毎度の脱出ゲーです。

うん。

正直わりと飽きてきてるのに、惰性で探してしまう。
そしてそれをやる時間がある。
悲しい現実を自分で自分に突きつけてる感じですが、ご愛嬌。

THE DOORS
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-04-26 14:27 | Flash Game

マルホランド・ドライブ

という映画がございます。
作った人は、デヴィッド・リンチ。

この人の作るものは、謎解きや暗喩を鏤め、
観客を困らせるのが趣味なんじゃねーの?っていう作品ばっかです。

リンチ好きは、そんな彼の作品を見て、個々の解釈を生み出し悶え苦しむ。
でもやっぱりそれが好き。なんてマゾッ気のある人々なんだべ・・

有名なのはツイン・ピークスとかかな。

で、このマルホランド・ドライブなんですが、やっぱり理解に苦しみました。
いや、なんとなくは分かりそうでも、人に説明できるほどの解釈は持てないと。

んで、2回目見ちゃったんです。
同じ映画を同じ日に2度見るって行為は、本当に久しぶり。
もはや思い出せないくらい以前のことになっておりまふ。

まぁー、しかしヤヤコシイ。
でも、ストーリーが自分なりに整うと、こりゃ気持ちええ。

そんな快感を味わうべく、この映画に触れてみるのもいいんじゃないかな、と。

a0013368_20302086.jpg







ワカンネーヨヽ(`Д´)ノ って人は
適当に検索して自分なりの解釈みつけてちょ。
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-04-24 20:30 | 映画

White Chamber

毎度毎度のTKGISMから、新たな脱出モノ発見。
しかしですね、出たのはどうやら去年の12月ですってよ。
存在知るのに5ヶ月もかかってしまったわい。

まぁ、紅→緑→青→白と順調にシリーズが増えてますな。
やる側からしたら、文句のつけようもない。。

ということで、なんとかかんとかクリアしたので乗っけてみます。

White Chamber

過去にでてきたFlash Gameを一覧に纏めたページを作ってみました。
忙しくてそんなことやってらんねぇ!って人にこそ覗いてもらいたいですな。
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-04-12 12:29 | Flash Game

samorost2

遥か昔ですが、Samorostってのをお知らせしたことがあります。

独特の世界観で、ほんわかムード満載です。
難易度はそんなに高くないものの、しばし没頭できますぞ。

ってことで、その第二弾が完成したようデス。
えーと、このシリーズにしては結構スリリング・・?
Chapter1だけしか無料じゃありませんが、十分堪能できます。

Samorost2

ちなみに、この作者はチェコ出身です。
シリーズ作品を気に入ってからそのことを知ったので、なんとなくなんかこう・・。

意味がわからん人はかるーくすっ飛ばしてください。
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-04-03 23:07 | Flash Game

ユリアンの成分

某成分分析ソフトを洒落で落としてみました。


ゲームの話。まずは、サブキャラ:ユリアン

ユリアンの成分解析結果

ユリアンの59%は乙女心で出来ています。
ユリアンの32%は柳の樹皮で出来ています。
ユリアンの6%はやさしさで出来ています。
ユリアンの1%は雪の結晶で出来ています。
ユリアンの1%は真空で出来ています。
ユリアンの1%は純金で出来ています。

ちなみにこの人、ふんどし一丁のギリシャ神話に出てくる感じな奴です。


そして私の成分。

成分解析結果

71%は夢で出来ています。
15%はツンデレで出来ています。
11%は根性で出来ています。
1%は砂糖で出来ています。
1%はカルシウムで出来ています。
1%は時間で出来ています。

Buffalin
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-03-27 18:24 | 雑記

ええもん観たで

トッポジージョがトッポジョージだと、妙に大人っぽいなぁ。
と思う、そんな今日この頃。皆さんいかがお過ごし?

年が明け、てゆかもう季節を一つすっ飛ばして、春です。春。
個人的な春はいまだ来ず、青い春は大分後ろのほうへ行っちゃってるけど、春です。

そんなわけで、有頂天ホテル観て来ました。

年の暮れは大晦日の、とあるホテルが舞台なんだけど、
これがまた季節外れ。えらく臨場感がない。
桜が咲きそうなのにカウントダウンかよ!

それもこれも、一緒に行こうかという奴と都合が合わず、日程を整えることコレ軽く10回。
2ヶ月半焦らされたわけです。
うん、つまり初公開からずっとね。

一応年度末ってことで、無理やり納得させたのです、自分を。
それに10回の半分は私のせいなわけで。

ま、そんなこんなでえらく引っ張られた。
にもかかわらず!

面白かったですぜ。

三谷幸喜は、ほんとによく練られた脚本書くなぁ。
ある意味天才。

それから、アンフェア。

今日が最終回でした。
ドラマね。

WBCだらだら観て、勝って、弾けて、まただらだら。
夜もお気に入りのドラマ観て、頷いて、だらだら。

休日の過ごし方としては、最高の部類に入りますな。

野暮な感想は控えますが、よく出来てたと思います。
篠原涼子バンザイ。市村正親クニヘカエレ。


あぁ、くだらんことを書いていたら夜が明けそうです。
今時分は、あけぼのって頃合ですかね。

春はあけぼの、きっとまた今年の大晦日も曙。

        _,,,,,,                    
    ,.-'''"-─ `ー,---'''''''''i-、,,
 ,.-,/        /::::::::::!,,  \
(  ,'          i:::::::::;ノ ヽ-、,,/''ー'''"7
 `''|          |::::::::}     ``ー''"
   !       '、:::::::::i
   '、 `-=''''フ'ー''ヽ、:::/ヽ、-─-、,,-'''ヽ       
    \_/        --く _,,,..--┴-、.ヽ 
                           \>       
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-03-22 05:48 | 雑記

クマー

本人は隠れているつもりらしい。
素晴らしいセンスの持ち主だ。

a0013368_11155716.gif
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-03-12 11:18 | 気になった画像

これってエコだろ?

その夜は、なんだか無性にむかついてたんだ。

蒸し暑い夜に床に寝転がったら頬っぺたにゴミがついたり。
寒い朝に足の小指をヒットさせると、熱い季節の13倍は痛かったり。

とにかく人ってのは些細なことでぶち切れそうになるわけだよ。

そんな時、歯でも磨いて心を落ち着かせようかと思い
ハブラシにチューブでGOしようとしたその瞬間、
毛先がめっちゃ開いてるわけよ。

これを見ちゃったらもう止まらないね。
基地外のごとく荒れ狂うね。

なんかお花みたいに開いちゃってるわけよ。
お前らはいつもノーテンキでいいねって。
周りに流されすぎだよ、君たち。
やりたい放題じゃんか。

と、まぁ我ながらなんでそんなに怒ってるのかよく理解できぬまま時が経ち、

まぁ、お前らには責任ないよな。
俺の使い方が悪かったよな。
もう少し優しくしてやないとな。

なーんて、なってきたその時、ある名案が浮かんだんですよ。

開いた毛先を切り捨て御免だ。
根性入れなおして、シャキッとしやがれ。

で、背中丸めてコソコソ毛を切ること3分。

新品同様のハヴラシ(毛が短い)、毛質:バリカタ が生まれたわけです。
ヴィバ、再利用。

これってエコでしょ?
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-03-08 13:39 | 雑記

3G

えー、どうも。

3/3から3日間、
環境をテーマに活動を行う大学生のギャザリングというものに参加してきました。

まだまだ捨てたもんじゃないですね、世の中にこれだけ熱い学生達がいることに
少し感動しました。

9割学生なわけで、卒業しちゃったオイラはちょっと場違いな感じじゃないかと
密かに心配してたんですが、そこはまぁ、両者の熱さでカバー。

結構居心地よかったです。

気の合いそうな仲間も多数できましたが、今回の収穫はその中でも一人、
やけに波長が合う関西の青年です。

・デザインで環境活動
・4月から身一つで上京する。
・一軒家を4人で借りてシェアリングする。
・そのうち一人は女の子

これだけで、ドラマが一本作れます。
ゾクゾクしますね、一つ屋根の下。

こいつは、きっと何かやらかしますよ。
その時一緒になんかやってたいなと。


余談ですが、打ち上げにも参加してきました。
このイベントの運営団体行き着けの居酒屋で行われ、
その一次会を胴上げでしめたわけなんですが、

近所にパチンコ屋がありましてね。

どうも見覚えがあるんです。この光景。うん。
つまり、何年か前に彼らの先輩の先輩とかがこの居酒屋の前で
同じく胴上げしちゃってた時、私はちょうどそのパチンコ屋から出てきて、

「うるせー、やつらだな」

と横目でチラリと見ちゃってたぽいのです。

時がたち今、この立場の移行を自覚したとき、膝が震えました。
なんか歴史は繰り返す、を自らの力で打ち破る、みたいな。
もうちょっと早くてもよかったよな、と。


自分の学生時代を思い返すと、なんだか泣けてきます。
過ぎた時間は戻らないので、考えていてもしょうがありませんが、
一先ず急いでその分を取り戻すべく、濃密な時間を作りながら生きたいと思わされました。

でも、2次会3次会と会が進むにつれ、「翼をください」を全員総立ち5ビートで刻むなど、
だいーぶ壊れましたが。

いやー、楽しかったわ。



かしこ
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-03-06 18:45 | 旅行

スポーツの力

盛り上がってんだか、興醒めしてんだかわかりにくいままオリンピックが過ぎていきましたね。

荒川静香、どっかで見たことあるなぁ、と思いながらモヤモヤしてたら、
この前の合コンに来てた人にそっくりだと判明。

美人って騒がれてるけど、どうなのだろうか。

でも純粋に演技に関しては感動しました。
生で見てました。
しかしまぁ、小泉の電話で興醒めですが。
でもやっぱり感嘆。

少し話は変わるんですが、いえきっと大分変わりますが。

私が通っていた高校は、運動会というか体育祭の代わりにバレーボール大会をやるんです。
学年に10クラス500人が犇めき合ってますから、結構なトーナメントになります。
各クラスごとにチーム名やら、クラスメイト全員の名前が入ったTシャツを
自主制作して、全員で着ては士気を高めるという徹底ぶり。
ま、高校生ですから、わりとすぐに熱くなります。

私がどんな生徒だったかは華麗にスルーするとして、
同じクラスに仲の悪いやつが一人いました。
元はといえば、結構馬が合っている奴だったのに、些細なことでずれてくると
取り返しのつかない関係になりがちですよね。
高2の春先に揉めて以後卒業するまで、ほとんど口を利くことはありませんでした。

で、バレーボール大会当日。
熱くなるのは、大体において運動神経がわりとよさげな体育会系と相場は決まってますね。
ゲーム好きの嫌動派は冷めた顔ではしゃぐ奴らを見てます。
例のソイツは体育人丸出しです。
オイラもどっちかというと動くことに自信が有るほうなので、当然熱くなってます。
無駄に燃えちゃってバカな奴らと一括りにされてる感があります。

するとね、アタック決めたり、いいフォローが出たりするたんびに声を掛け合ってんですよ。
俺とソイツが。
その時、その場では気づきもしなかったけど、後になって周りの人からいつ仲直りしたのかと
言われ、してねーYO!ってなもんです。
でもまぁ、なんか気持ちよかったのは事実です。

で、それ以来話さずのまま卒業と。
スポーツやってるときは、変ないがみ合いとかすっとんじゃうね。
ってのの実体験例です。

と、そんなことをフィギアみながら思い出したんですが、
フィギア→個人競技→団体競技→ホッケー→冬→夏→団体競技→ビーチバレー→バレーボール大会、団体競技でビーチってのが謎ですが、こんな流れです。

まぁ、ちょっとぐらいいい話書かせてくださいよ。

なにせ、地図見ちゃ、
「おぉ、こんなところにあったかエロマンガ島!」
とムフーフしたり、
「ンで始まる地名があればしりとりで負けないぞ!」
とキャッキャしてる毎日ですから。
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-02-28 17:15

心を入れ替えて・・

春先から、ちょいとまじめに仕事をするかもしれぬ。

個人で旅行代理業務というか、まぁお決まりのチェコと日本における旅行者への
サービス提供だけど、を創めるAさんのお手伝いを。

それとはまた別個で、仲良くしてもらってるオペラ歌手のツアー企画のヘルプ要請も来た。
と、書いてみるとえらくいい感じがするが、まぁ小さな後援会の仲良いメンバーでコンサートも兼ねてちょっとお出かけしましょう、というもんだ。

当然これもまたチェコ・・

だれか韓流ブームに次ぐものとしてチェコブームを創ってくれる神はいませんか?

それにしても旅行関連が最近やけに近い。
ので、少し勉強しちゃってるわけですよ。

10月にならないと試験がないっぽいので、それまでやる気が続くかどうかが最大の難点。
そんなわけでまぁ、地理オタクになりつつあるわけです。

アジアのことさえ、あんましよく知らなかったことがちとショックでしたが。



さて、こんなどうでもいい話に付き合ってくれてどうもです。
ついでに、またひとつご紹介を。

室内ゴルフ
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-02-23 17:17 | Flash Game

なんつーか、暇だよね。オイラ。

これもやってみれば?

SPLASH BACK
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-02-09 21:13 | Flash Game

ロケッティア

えらく久しぶりにFlash Gameの紹介でござい。
勝手にリンク張っていいかはしらんけど、文句が来たら消します。
おかたじけ。

ロケッティア

無駄にはまる。
じゃ、これにて失敬。
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-02-07 18:00 | Flash Game

頭突き

という名の映画を今見終わったのですが、これイカス。
どうしてもなんかどっかに感想をぶちまけたい。
ということで、しばし拝借。

遥か昔に自分の涙きのポイントについて語っちゃったことがあったのだけれど、
基本的に皆無。映画で涙することって未だなさげ。

でもまぁ、こう・・
眼の中に溜まっちゃって、

「あぁ・・溢れそうだな・・どうかな・・」

などとエロ小説の如く自問自答してるとそのまま過ぎちゃうとかはたまにある。
泣いたら負けとか思ってるスレタ自分がちょっと嫌いな感じで候。

とまぁ、そんな雰囲気でこの映画も涙が溜まった。
正直零れそうだった。

いつもどこかでユビキタス映画批評の井筒さんが撮った作品なのね。
でもなんか、言うだけのことあるんじゃね?と考えてしまったのであります。

熱い男モノに魅かれる人は外せないですよ、コレ。
女の子受けはあんましよくなさそうだけど・・
選曲がずるいけど、歌もいいし。
見てない人がいたら借りてみて欲しいなぁ。


「パッチギ」ね。
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-02-04 10:46 | 映画

合コン

逝ってきました、久しぶりに。

ネイルだとかエステとかの人達だったんですが、
結果的には、足ツボマッサージしてもらって自分が
健康優良児だったことが発覚したくらいなもんです。

まぁ、人にも言われ、自分でも思うんですが、何のために参加してるんだか。
後に繋げようという、なんつーかそういう貪欲な精神が足りてない感じ。

でも、その場は激しく楽しいので、また呼んでください。
人数合わせ的な下っ端で十分なので。

ま、そのうち酒の肴として聞いてやってください。



そうだ、報告があります。

仕事になりそうかなー、なんつって偉そうに言ってた
エコ・ツーリズムの組織立ち上げなんですけど、ウフフ・・

喧嘩しちゃった(゚д゚)アラー

いやね、大学の教授ってのは、実に子供っぽいですよ。
周りには学生と助手みたいのしかいませんしね。
自分に絶対服従みたいな。。

中長期的にいい関係を築いていくのは難しそうってことで、
やめちゃえ、ということに。

でもま、その企画自体が潰れちゃうでしょう。
オイラ結構重要なとこ担ってたぽいから。ゴメンチャイ。

というわけで、まだまだ定職着かずな状況が続きそうであります。
夏には音楽関連で1つ、秋にはまたチェコ映画祭があるんで、
年中職無はどうにか避けられそう・・

誰か早く社長になってオイラを救ってちょうだい。
[PR]
# by chikara_mikado | 2006-01-31 23:35 | 雑記