タグ:歴史のお勉強 ( 3 ) タグの人気記事

杉原千畝

私の行動パターンを指す言葉として、単純ではありながらも本質を突いたものがあります。
曰く、「熱しやすく冷めやすい」。
大体4.5日もすれば大抵のことは飽きが来て、段々と遠のいてゆきます。

「千畝」 読めますか?

今度は少しばかり方向性を変えて、偉人系で攻めてみます。

日本のシンドラーと言われる人




ところで今日は、親族の集まりに顔を出してきました。

遠くに暮らす祖父の兄弟が、血族の契りの証として、1年に1回くらいは
葬式や法事以外で親戚一同が集まる会を作りたいと、激しく主張したため
なんだかややこしい会合が開かれたわけです。

従兄弟が多数集まるその場では、20数年も生きてきて、
初めて会ったオッチャンとかもいましたが、

「ハハァ、ナルホド」と。

近いようで遠いんだけどやっぱり近い親族の繋がりみたいなものを、
物心ついてやっとこさ実感してみたりなんかして。

ま、たまにはこういう集いもいいかなと。
[PR]
by chikara_mikado | 2006-05-07 03:19 | ちょっとイイ歴史

ワルシャワワ

はい。

そんなわけで、年に一度あるかないかの、非常に密度の高い更新週間になってます。

つい先日のこと、ひょんなことから連絡を取り合うことになった
高校の同級生がですね、ポーランドに留学したんですよ。
出発のつい1週間前だとかに、その事実を知り、いい偶然だったなぁと。

敬愛するピアニストの生地だそうで、1年以上も留まる覚悟だそうです。
何気にチェコの隣国だし、もしかしたらどっかで接点が生まれるかも・・


と、それはそれで、ポーランドについて少し調べていたらですね。
昨日に引き続き、隠されたちょっといい歴史、ハケン。

いや別に誰かが意図的に隠したもんじゃないわけですが、
本当はこういう事柄こそ教科書に載せていただきたいもんですな。

じゃ、ご賞味あれ。

大和心とポーランド魂

ちょっとこの類のFlashと出来事を集めたいなとか、思い始めますた。
[PR]
by chikara_mikado | 2006-05-05 00:11 | ちょっとイイ歴史

アンカララ

ゴールデンウィィィィィィー!!!!11

盛り上がってない人が夜更けに無理やり叫んでみました。そんな時間ですよ。

Wikipediaってのをご存知でしょうか。
人・物・事を説明するwebの百科事典のようなものなんですが、
出てくる単語の多くが直リンになっていて、気になる単語から直接その説明のページに
飛べるという優れものなわけです。

最近の自分の流行の中に、結構硬派なヒト・モノ・コトをこのwikipediaで調べて、
そこに載ってる気になる単語をまたさらに調べ上げる。
                 ↓
んで、歴史やら偉大なる人物、はたまた芸術やら学問、宗教・哲学を含む多くの事象の
説明を見て、ニンマリする。
                 ↓
適度に飽きてきたら、一転、そのページにある単語の中から出来る限り軽薄な物を選び、
「あー、もうめんどくせ」となるまで最後の一足掻き。

夜な夜なそんなことを繰り返しつつ、GWが過ぎていってるわけです。
ダレカアソンデヨヽ(`Д´)ノ

まぁ、黄金比がジャニー喜多川になったりですね、
モナ・リザがカレーライスになったりするわけで、
しかもその行程で色々勉強できちゃうという。

一粒で二度おいしい。


で、前置きはこのくらい。

トルコで停滞していた私はですね、「
日本とトルコ」という、
一つのフラッシュにたどり着きました。

「エルトゥールル号遭難事件」を題材にしたモノなんですが、
出来がなかなかに素晴らしいので是非観てみてください。

あまり公に知られることのない歴史を垣間見るってのは、
ちと気持ちがいいかも・・

んでは。
[PR]
by chikara_mikado | 2006-05-04 03:34 | ちょっとイイ歴史